インド神話

インド神話は『リグ・ヴェーダ』を聖典とするバラモン教のヴェーダ神話とその後のヒンドゥー教の神話である。

ヴェーダ神話(バラモン教)

ヴェーダ神話は、古代アーリア人がインドに持ち込んだ自然神を崇拝する宗教で、『リグ・ヴェーダ』(前1500-900年)を聖典とする。神々はデーヴァ族とアスラ族に分類される。デーヴァ族はインドラを筆頭に現世利益を司り、アスラ族はヴァルナを筆頭に倫理と法を司る。次第に現世利益的なデーヴァ信仰が盛んになり、アスラ族は神々に敵対する種族になっていく。創造神話としては、原初の水から創造神が誕生した物語、神々が原人プルシャを殺害して世界を創造した物語などがある。

ヴェーダ文献には、ブラーフマナ(祭儀書)とウパニシャッド(奥義書)も加えられる。ブラーフマナはヴェーダ文献を解説し、祭司的な手法を説明するもので、創造神プラジャーパティを最高神とする創造神話が説かれるが、次第に最高原理ブラフマンの重要性が高まり、人格神ブラフマーによる宇宙創造が説かれるようになった。暴風神ルドラ(シヴァの前身)の説話など、後のヒンドゥー神話への影響は大きい。ウパニシャッドは神秘的哲学を説く。特にアートマンとブラフマンの本質的同一性(梵我一如)を説く部分は、後代のインド神話の世界観に大きな影響を与えた。

ヴェーダ神話の主な神々

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教においては、ラーマ王子の冒険を描く『ラーマーヤナ』(3世紀)とバラタ族の内紛と大戦争を描く『マハーバーラタ』(4世紀頃)の中で、さまざまな神話・伝承を伝えている。さらに百科全書的なプラーナ(古伝)文献が作られた。この中で重要な神々は、創造神ブラフマー、維持神ヴィシュヌ、破壊神シヴァで、三神一体の最高神とされる。

ヒンドゥー教における主な神々

インド神話全項目

サイト内検索