フィリピンの妖怪をイラストに描き起こすプロジェクト

フィリピンの妖怪といえば、昔から犬のクンクン by 河村賢一というウェブサイトがあって、フィリピン在住の日本人の管理人が、フィリピン文化やフィリピン情報を発信してくれていた。そこにかなり詳細に「フィリピンの妖怪」がエンタメたっぷりにまとめられていた。ボクは結構、フィリピンの妖怪に関しては、そこの情報を最初の足掛かりにして、その後、英語やタガログ語で調べてみて、情報を拾ってまとめていた。

実は、ボクは2014年から2016年までの間に、お仕事で8回もフィリピンに行っていた。マニラ、セブ、カガヤン・デ・オロなんかを飛び回っていた。だから、フィリピンの雰囲気はよく分かる。あの熱帯の国を跋扈する妖怪たちが容易に想像できる。そんなこともあって、最近、改めて「フィリピンの妖怪」を調査し始めたら、The Aswang Project(英語)というウェブサイトを発見した。YouTubeもある。結構、細かくフィリピンの伝承上の妖怪たちを調査して、まとめてくれている。特にA Compendium of Creatures from Philippine Folklore & Mythology(フィリピンの神話・伝承の生き物の概要)というページがとてもいい。

単純に「ああ、これは凄いウェブサイトだ」と思った。こういう伝承の類の妖怪は収集が要だ。日本でも、その昔、民俗学の分野で柳田國男などの先人たちが足を使ってフィールドワークをして、妖怪や怪異の情報を収集してくれた。だから、日本は妖怪の情報が豊富にある。今はオンラインの時代だ。こうして「The Aswang Project」が始動して、オンライン上にフィリピン各地の情報を集めることができたら、ものすごい価値のあるサイトになる。まだ辞書っぽい印象もあって、解説としては物足りない側面もあるんだけど、妖怪に関わる固有名詞を大量に集めてくれているのは素敵だ。しかも知名度のある妖怪は、分析記事に書いているライタもいて、そこにリンクが貼られていたりする。YouTubeなんかでも仰々しく情報発信していて面白い。

日本ではあんまり「フィリピンの妖怪」は知られていない。でも、フィリピンにこういうプラットフォームが出来ているのなら、それを足掛かりにして、日本に「フィリピンの妖怪」を紹介するのも一興である。

そんなわけで、2024年はフィリピンの妖怪にフィーチャーし、イラストに描き起こすことで、より強くフィリピンの妖怪のイメージを喚起し、知名度を上げていく。そんなプロジェクトを立ち上げてみた。

マナナンガル
マナナンンガル

バクナワ
バクナワ

ブギスギス
ブギスギス

ティクバラン
ティクバラン

ウンガウンガ
ウォウォグ/ウンガウンガ

シグビン
シグビン

チャナック
チャナック

カプレ
カプレ

ベルベロカ
ベルベロカ

ヌーノ・サ・プンソ
ヌーノ・サ・プンソ

ショコイ
ショコイ

カペローサ
カペローサ

シレーナ/マギンダラ
シレーナ/マギンダラ

ダラケトノン
ダラケトノン

カランゲット
カランゲット

カタウ
カタウ

アマランヒグ
アマランヒグ

マンララヨ
マンララヨ

エクエク
エクエク

マンダランカル
マンダランカル

ワクワク
ワクワク

パサッサッ
パサッサッ

マンドゥルゴ
マンドゥルゴ

ブサウ
ブサウ

クマカトク
クマカトク

パリン・プゴット
パリン・プゴット

《参考文献》

Last update: 2024/03/26

サイト内検索