マナナンガル

分 類フィリピン伝承 
名 称 Manananggal(マナナンガル)【フィリピン語】
容 姿女性。背中にコウモリの翼を生やし、上半身と下半身を切り離す。
特 徴昼間は人間社会で暮らす。上半身を切り離して空を飛び、妊婦の血や胎児の心臓を喰らう。
出 典

マナナンガル、上半身を切り離して空を飛ぶ!?

マナナンガルはフィリピンに伝わる吸血鬼。マナナンガルは女性の妖怪で、日中は人間社会に溶け込んで暮らしているが、夜になると背中からコウモリのような翼が生やし、上半身を切り離して獲物を探して空を飛ぶ。そして藁葺屋根の天井から、眠っている妊婦のお腹に細長く伸ばした舌を刺して、胎児の心臓や妊婦の血を啜る。

マナナンガルはタガログ語のtanggal《分離する》に由来する。切り離された下半身は立ったまま残され、切断面に塩やニンニク、灰などを塗りつけると、上半身はくっつくことができず、やがて日の出とともに消滅する。マナナンガルの伝承はビサヤ地方、特にカピス、イロイロ、ボホール、アンティークなどで有名である。インドネシアやマレーシアではペナンガランという似たような吸血鬼がいる。

《参考文献》

Last update: 2020/04/17

サイト内検索