ニュクス

分 類ギリシア神話
名 称 Νύξ〔Nyx〕(ニュクス)《夜》【古代ギリシア語】
特 徴夜を神格化した女神。
出 典ホメーロス『イーリアス』(前8世紀)、
ヘーシオドス『テオゴニアー』(前7世紀)など

ニュクスはギリシア神話の夜の女神である。世界の始まりに誕生した古い女神で、最高神のゼウスにも畏れられている。

夜の女神、闇とともにこの世の裂け目から誕生する!?

紀元前7世紀の詩人ヘーシオドスが『神統記(テオゴニアー)』の中で語るギリシア神話の世界の始まりの神話によれば、最初にこの世に誕生したのはカオス(穴)で、続いて、その穴の中にガイア(大地)、タルタロス(奈落)、エロース(性欲)が自然発生的に誕生した。

その後、カオスからエレボス(闇)と共に誕生したのがニュクス(夜)である。ニュクスはエレボスと交わって、反対の性質を持ったヘーメラー(昼)とアイテール(光)を産んだ。

何もなかった世界に、まずはぽっかりと穴、あるいは裂け目が生じ、その裂け目に我々の立つ大地、穴の底には奈落、そして全てを結び付けて子孫を殖やす性欲が誕生し、それと同時に、穴の中から夜と闇が誕生し、そこから正反対の昼と光が誕生したと解釈される。

夜の女神、次々と不吉な概念を生み出す!?

ニュクスはこの世に生まれると、単独で次々と不吉な概念を生み出していく。モロス(非運)、ケール(破滅)の一族、タナトス(死)、ヒュプノス(眠り)、オネイロス(夢)の一族、モーモス(非難)、オイジュス(苦悩)、ネメシス(義憤)、アパテー(欺瞞)、ピロテース(愛欲)、ゲーラス(老い)、エリス(争い)である。

昼と夜は、交代で任務に就く!?

ニュクスの館は西の果ての地下深くにあり、ヘーメラー(昼)と共用している。ただし、決してニュクスとヘーメラーは同時に館には留まれない。一方が館から外に出て、大地の上を巡っているときには、もう一方は館に留まって、自分の旅立ちを待つ。昼はヘーメラーが光を引き連れて館を出て大地の上を巡り、夜になるとニュクスがヒュプノス(眠り)を引き連れて館から出て、大地の上を巡るのである。

夜の女神、ゼウスをも畏れさせる!?

ニュクスは最高神ゼウスにも一目置かれている。これはホメーロスの『イーリアス』の記述からも読み取れる。あるとき、ニュクスの息子のヒュプノス(眠り)は、ヘーラーの指示を受けて、ゼウスを眠らせ、激怒させたことがある。ゼウスはヒュプノスを探し回って暴れたが、ヒュプノスは何とかニュクスの館に逃げ込んだ。すると、ゼウスもニュクスを不快にすることは憚られると怒りの矛を収め、諦めたという。

神話の中では、ニュクスはゼウスにさえ恐れられて尊ばれている。しかし、実際には彼女に対する崇拝の痕跡はない。

《参考文献》

  • 『イリアス(下)』(著:ホメロス,訳:松平千秋,岩波文庫,1992年)
  • 『神統記』(著:ヘシオドス,訳:廣川洋一,岩波文庫,1984年)
  • 『ギリシア・ローマ神話辞典』(著:高津春繁,岩波書店,1960年)

Last update: 2013/03/28

サイト内検索