アイテール

分 類[ギリシア神話]
名 称 Αἰθήρ〔Aithēr〕(アイテール)《上天》【古代ギリシア語】
特 徴天の上で澄んで光り輝く大気を擬人化した神。
出 典ヘーシオドス『テオゴニアー』(前7世紀)など

天高いところには澄み切って光り輝く大気がある!?

アイテールはギリシア神話の光の神である。厳密には「上天」などと訳される。古代ギリシア人は、天の中でも高い位置に澄んで光り輝く大気があると考え、アイテールはこれを擬人化した神である。母ニュクス(夜)と父エレボス(闇)から生まれた息子で、姉妹にはヘーメラー(昼)がいる。夜と闇から正反対の昼と光が誕生したわけである。

アイテールは神話によってはウーラノス(天)と混同され、同一視されることもある。しかし、ウーラノスは「星散り映えたる」と表現されるように、どちらかと言えば、暗い天のイメージである。

古代ギリシア人の世界観を解説!?

古代ギリシア人は、大地を円盤のようなものだと考えていて、その上方にはウーラノス(天)があり、下方にはタルタロス(奈落)があると考えていた。そして、天の上部には澄んで輝くアイテールがあり、奈落の底には暗く淀んだエレボスがあると考えていた。

ニュクス(夜)とヘーメラー(昼)で母娘で対になっているのと同様に、エレボス(闇)とアイテール(光)で父子で対になっている。

《参考文献》

Last update: 2019/02/24

サイト内検索