ソール

分 類北欧神話
名 称 Þórr(ソール,あるいはトール)【古ノルド語】
容 姿赤髭。
特 徴雷神。戦神。結婚と豊穣を司る。
出 典『ヒュミルの歌』『ギュルヴィたぶらかし』ほか

豪快で陽気な農民たちの雷神ソール!?

ソールはアース族の一人で、雷を司る戦神。オージンと大地の女神ヨルズの子とされる。顔中、赤い髭(ひげ)を生やしているため、「赤髭」と呼ばれることもある。全てを粉砕する槌(ハンマー)であるミョッルニルと、その特殊な槌の柄を握るために必要な鉄の手袋であるヤールングレイプ、そして全身の力がみなぎる腹帯のメギンギョルズというアイテムを持っている。これらを用いてフルングニル、スリュム、ゲイルロズなど、神々の宿敵である霜の巨人族ヨートゥンたちを次々と打ち倒し、巨人族にも怖れられている。

ミョッルニルは、戦いの道具としてだけでなく、結婚と出産を祝福する道具としても使用され、ソールは結婚と農作物の実りを守護する。大食漢で大酒呑みで、単純で愚直な神で、農民階級に篤く信仰された。本来、オージンと並ぶほど勢力のある神だったが、貴族階級の台頭により、オージンの子供にされてしまった。

ソールは『ヒュミルの歌』ではヨルムンガンドを釣り上げようとしており、『ギュルヴィたぶらかし』ではウートガルザ・ロキの館でヨルムンガンドが変身した猫を持ち上げようとするなど、何度かソールとヨルムンガンドとの対決が描かれるが、ラグナロクの際には、ヨルムンガンドと一騎討ちし、ヨルムンガンドを打ち取った。けれども、ソールもその毒にやられ、命を落とすこととなる。

「Þ(ソーン)」はアルファベットにない文字であるため、ドイツ語などでは「T(テー)」に置き換えられたため、日本ではしばしば「トール」とも呼ばれる。こちらの表記の方が広く知られているかもしれない。

木曜日はソールの日!?

木曜日のことを英語で「Thoursday」というが、これは《ソールの日》という意味。しばしばギリシア・ローマ神話のゼウス、あるいはユーッピテルと同一視される。ちなみに水曜日がオージンの日、火曜日がティールの日、木曜日がフリッグの日、あるいはフレイアの日である。

《参考文献》

Last update: 2011/05/03

サイト内検索