フルングニル

分 類北欧神話
名 称 Hrungnir(フルングニル)【古ノルド語】
容 姿
特 徴
出 典スノッリ『散文のエッダ』(13世紀)ほか

ソールを苦しめ続ける石頭の巨人!?

フルングニルは北欧神話に登場する巨人。ヨートゥンの一人で、非常に強力だった。石の心臓、石の頭を持っていて、オージンの宮殿ヴァルハラで酒に酔い、神々に暴言を吐いたため、ソール神と決闘することになった。石の盾を持っていたが、ソールの従者の「ソールは地面の下から攻めてくる」という言葉に騙され、盾を地面に敷いてその上に乗っかったため、ソールの槌ミョッルニルで斃された。フルングニルの脚の下敷きになったソールは怪力の息子マグニが脚をどかすまで動けなかったという。また、フルングニルの頭蓋骨の破片はソールの頭に食い込み、ソールを苦しめ、そのたびに雷光が走るのである。

《参考文献》

Last update: 2009/05/10

サイト内検索