キマイラ

分 類ギリシア神話
名 称 Χίμαιρα〔Khimaira〕(キマイラ)【古代ギリシア語】
容 姿
特 徴
出 典ヘーシオドス『テオゴニアー』(前7世紀)など

奇ッ怪な合成獣!?

キマイラはギリシア神話に登場するライオン、ヤギ、ドラコーン(大蛇)などの動物が組み合わさった奇怪な姿をした怪物のこと。怪物テューポーンエキドナの娘で、雄ライオンの頭と前脚、雌ヤギの胴体と後脚を持ち、尻尾の部分はドラコーン(大蛇)の頭になっていて、背中からは雄ヤギの首が生え、口からは炎を吐き出す。リュキアの火山帯に棲息し、近隣の村々を襲っていた。そこで、英雄ベッレロポンテースがペーガソスにまたがってリュキアに向かい、この怪物を退治した。

ライオンの鬣(たてがみ)、ヤギの立派な角を有し、外見上は雄のライオン、雄のヤギの特徴を備えているものの、キマイラ自体は雌で、双頭の猟犬オルトロスとの間に子供をスピンクスネメアのライオンクロミュオーンのイノシシなどの子供たちをもうけている。実際、壷絵などに描かれるキマイラの絵を見ると、キマイラの胸元には雌ヤギの乳房がずらりと並んで描かれている。

紀元前2世紀のアポッロドーロスは、このキマイラの不思議な姿について、リュキアの山頂にはライオンが棲み、中腹にはヤギが棲み、そして山麓にはヘビが棲んでいたため、キマイラもいつの間にかそのような姿になってしまったと説明している。

現代の遺伝学では、キマイラのように異なる種の細胞を併せ持った生物のことを「キメラ」と呼んでいる。

《参考文献》

  • 『ギリシア・ローマ神話辞典』(著:高津春繁,岩波書店,1960年)

Last update: 2009/09/30

サイト内検索