ヘーリオス

分 類[ギリシア神話]
名 称 Ἥλιος〔Hēlios〕(ヘーリオス)《太陽》【古代ギリシア語】
容 姿四頭立て馬車を駆る男性。
特 徴ギリシア神話の太陽神。
出 典ヘーシオドス『テオゴニアー』(前7世紀)ほか

お天道様は見ている!?

ヘーリオスはギリシア神話の太陽神である。四頭立て馬車で天空を翔ける。常に空から地上を見ているため、アレースの浮気やハーデースによるペルセポネーの誘拐についての目撃者となっている。毎朝、曙の女神エーオースに先導され、東の空から西の空に移動し、夜は黄金の盃に乗ってオーケアノス(大洋)を移動すると考えられた。

《参考文献》

  • 『ギリシア・ローマ神話辞典』(著:高津春繁,岩波書店,1960年)

Last update: 2019/01/15

サイト内検索