クレース・タウロス

分 類ギリシア・ローマ神話
名 称 Κρὴς ταῦρος(クレース・タウロス)《クレータの牡ウシ》【古代ギリシア語】
容 姿牡ウシ。
特 徴ポセイドーンが海から出現させ、クレータ島で暴れ回り、マラトーンでテーセウスに退治された。ミーノータウロスの父。
出 典アポッロドーロス『ビブリオテーケー』(1~2世紀頃)

クレータ島で暴れ回り、マラトーンで退治された暴れウシ!?

クレース・タウロスはギリシア・ローマ神話に登場する牡ウシ。「クレータの牡ウシ」。クレータ島のミーノースは、自分が王位を継承することを人々に示すため、ポセイドーンに海から牡ウシを出現させるように祈った。ポセイドーンは祈りに応じ、海から美しい牡ウシを出現させた。ミーノースは牡ウシのあまりの立派さに惹かれて、ポセイドーンにこの牡ウシを捧げるという約束を反故にして、自分の家畜の中から別の牡ウシを選んで、ポセイドーンに捧げた。ポセイドーンはこの裏切りに怒り、牡ウシを凶暴にして暴れさせた。また、ミーノースの妻のパーシパエーに牡ウシへの異常な恋心を芽生えさせた。パーシパエーは木像の牝ウシをつくってその内部に入ると、牡ウシと交わった。こうして、ウシの頭、人間の身体を持った怪物ミーノータウロスが誕生した。ミーノース王はこの子供を隠すために、迷宮ラビュリントスを建設し、その中にミーノータウロスを幽閉する羽目になった。

その後、英雄ヘーラクレースは十二の難業の7番目で、このクレータの牡ウシを生け捕りにするように命じられて、格闘の末、捕えて、エウリュステウスのところに連れて行った。ヘーラクレースはそのまま牡ウシを自由に放ち、牡ウシはスパルタ、アルカディア―、コリントスを経て、マラトーンの地に定住して、住民を苦しめ続けた。

アテーナイのアイゲウス王はパンアテーナイア祭の競技を開催したとき、ミーノース王の息子のアンドロゲオースが全ての競技で優勝したのを見て恐れ、この牡ウシの退治を命じた。この結果、アンドロゲオースは牡ウシに殺された。ミーノース王はこれに腹を立て、アテーナイに戦争を仕掛け、呪いを掛けた。結局、アイゲウスはミーノースの要求に応じることとし、ミーノースはミーノータウロスの生け贄として人身御供を要求した。毎年、少年少女がクレータ島に運ばれ、ミーノータウロスの餌食となった。その後、アイゲウスの息子の英雄テーセウスがこの牡ウシを退治し、アポッローンへの生け贄として捧げられた。

《参考文献》

Last update: 2021/03/26

サイト内検索