キシャル

分 類メソポタミア神話
名 称 𒀭𒆠𒊹d.ki-šar₂〕(キシャル)《地全体》【アッカド語】
容 姿不明。
特 徴アヌやエンリルなどの神々の祖。
出 典『エヌマ・エリシュ』(紀元前18世紀頃)ほか

泥とシルトからうまれた大地全体の女神!?

キシャルはバビロニア神話に登場する地の神。『エヌマ・エリシュ』の中で、原初に誕生したアプスー(淡水)とティアマト(塩水)が互いに混ざり合うことで、ラフムラハム(泥とシルト)が生まれ、ラフムとラハムからアンシャル(天全体)とキシャル(地全体)が誕生した。そして、アンシャルとキシャルからアヌ(天)が誕生し、さまざまな神々や世界が形作られていった。

キシャルの配偶神アンシャルはシュメル時代にもその名前がわずかに登場するが、キシャルは基本的に『エヌマ・エリシュ』にしか登場しない。おそらく、アンシャルの配偶者として『エヌマ・エリシュ』の中で考案された女神だと思われる。

《参考文献》

Last update: 2020/09/20

サイト内検索