分 類メソポタミア神話
名 称 𒆠〔ki〕(キ)《大地》【シュメル語】
※楔形文字の表示には対応フォント(Noto Sans Cuneiformなど)が必要です。
容 姿
特 徴大地の女神。天空神アンの妻。
出 典

メソポタミアの大地の女神!?

キは、シュメル神話の大地の女神で、天空神アンの配偶者である。シュメル神話によれば、キとアンは原初に生まれた兄妹神で、後期バビロニア神話によれば、天を司る神アンシャルキシャルの子とされる。

キはアンとの間にエンリルを産んだ。エンリルが生まれる以前には、天と地は分かれていなかったが、エンリルによって両者が分かたれたとされる。アンは天に追われ、エンリルはキとともに地を受け継いだ。

キが神として信仰されていた証拠はなく、シュメルの創世神話にいくつか名が刻まれているのみである。

《参考文献》

Last update: 2019/07/13

サイト内検索