アンドヴァリ

分 類北欧神話
名 称 Andvari(アンドヴァリ)【古ノルド語】
容 姿小人。
特 徴富を生み出す魔法の腕輪を所有していた。
出 典スノッリ・ストゥルルソン『散文のエッダ』(13世紀頃)ほか

「この腕輪を手にしたものは破滅する!!」

アンドヴァリは北欧神話に登場するドヴェルグ(小人族)のひとり。変身能力に長け、富を生み出す魔法の腕輪アンドヴァラナウトを持っていた。

オージンとヘーニル、ロキは旅の途中、誤ってカワウソに変身していたドヴェルクのオトを仕留めた。そして、何も知らずに、オトの父であるフレイズマルの家に立ち寄り、一晩の宿をお願いし、昼間に仕留めたカワウソを見せた。フレイズマルはすぐにそれが息子であることを知り、神々にその賠償を求めた。そこで、神々はカワウソの皮を黄金で満たすことを約束し、ロキは小人アンドヴァリの黄金を手に入れるために彼の元を訪れ、魚に変身して泳いでいたアンドヴァリをラーンの網で捕えると、黄金を引き渡すように強要した。アンドヴァリは黄金を生み続ける腕輪だけは手元に残そうとしたが、ロキに全て巻き上げられた。そこで、アンドヴァリは腕輪に手に入れた者が破滅する呪いをかけた。

神々はカワウソの皮を黄金で満たしたが、フレイズマルが「まだ髭が1本出ている」と難癖をつけた。そこで、神々はアンドヴァリの腕輪で髭を覆った。ロキは「不幸が訪れる」と警告したが、フレイズマルは聞く耳を持たなかった。

その後、黄金はフレイズマルのものとなった。二人の息子ファーヴニルとレギンが黄金を分けてくれるように父親に要求したが、父親は拒んだ。すると、黄金に目が眩んだ息子のファフニールは父親を殺して黄金と腕輪を奪った。今度は弟のレギンが父親の遺産の分け前を要求したが、ファフニールはそれを拒み、竜の姿になって黄金を守っていた。最終的にファフニールは英雄シグルズによって退治される。レギンも黄金を狙ってシグルズを罠に嵌めようとするが、竜の血を飲んで鳥の声を聞けるようになったシグルズは事前にレギンの企みを知ってレギンを殺した。こうして、アンドヴァリの財宝は英雄シグルズのものになる。

《参考文献》

Last update: 2020/04/12

サイト内検索