スパルトス

分 類ギリシア神話
名 称 Σπαρτός(スパルトス)【古代ギリシア語】
複数形:Σπαρτοί(スパルトイ)《蒔かれたもの》【古代ギリシア語】
容 姿
特 徴
出 典

ドラコーンの牙から生まれた兵隊たち!!

スパルトスはギリシア・ローマ神話に登場する竜の牙からうまれた戦士たち。英雄カドモスがテーバイの泉に巣食っていたドラコーンを退治したときに、多くの仲間を失ってしまった。するとアテーナー女神がドラコーンの牙を大地に蒔くように指示した。言われたとおり、ドラコーンの牙を大地に蒔くと、そこから多くのスパルトスたちがはえてきた。彼らはうまれながらに武装しており、うまれるとすぐに互いに争い合った。そして5人のスパルトスたちが生き残った。彼らはカドモスともにテーバイの建国の礎となり、、テーバイの貴族たちの祖先になったという。余ったドラコーンの牙はコルキスのアイエーテース王の手に渡り、彼の手によって大地に蒔かれた。そこからうまれたスパルトスたちはイアーソーンと戦っている。

1963年にレイ・ハリーハウゼンによってイアーソーンの冒険は『アルゴ探検隊の大冒険』として映画化された。その作品の中で、イアーソーンに立ち向かう骸骨の戦士として描かれた。これはおそらく竜の牙からの連想だと思われる。その影響か、その後の多くのファンタジィ作品ではスパルトスといえば、骸骨の姿で描かれる。これがスケルトンの原型となったとも言われている。

《参考文献》

Last update: 2009/08/31

サイト内検索