パック

分 類ヨーロッパ伝承
名 称 Puck(パック)【英語】
容 姿人間の上半身、ヤギの下半身。
特 徴家憑き妖精。悪戯妖精。
出 典シェイクスピア『夏の夜の夢』ほか

様々な姿に変身して悪戯する小妖精!?

パックはイングランド伝承に登場する小妖精。上半身は人間、下半身はヤギの姿で、頭には2本のヤギの角が生えているとされるのが一般的。毛深い小人の場合もある。しばしばホブゴブリンとかロビン・グッドフェローといった悪戯好きの小妖精と同一視される。

変身能力に長けていて、色々なものに変身して悪戯をする。昔話の中では、腰かけに化けたパック。お婆さんが座ろうとした瞬間に元の姿に戻ってお婆さんをすっ転ばせて大笑いしたりする。また、旅人の前にウィル・オ・ザ・ウィスプのような火の玉の姿で出没し、しばしば道に迷わせたりもした。基本的には山野に棲むというが、家に棲みつくこともあって、この場合、家人のために家の手伝いをしてくれることもある。

『夏の夜の夢』で大活躍する小妖精!?

パックはシェイクスピアの『夏の夜の夢』に登場することでも有名だ。妖精王オーベロンと妃タイターニアは養子を巡って夫婦喧嘩を始める。起ったオーベロンはパックを使って眠っているタイターニアの瞼(まぶた)に媚薬を塗らせ、目覚めて最初に見た人間を愛するように画策する。しかし、妖精パックはタイターニアだけでなく、森で出会った人間たちにもこの媚薬を塗って回ったため、登場人物たちは大混乱する。

《参考文献》

Last update: 2011/04/26

サイト内検索