マーライ

分 類ベトナム伝承
名 称 Ma Lai(マーライ)【ベトナム語】
容 姿内臓をぶら下げた頭部のみの少女の妖怪。
特 徴空を飛んで、人間の子供などを食べる。
出 典

頭と内臓だけの少女の妖怪!?

マーライはベトナム伝承に登場する少女の妖怪。ベトナムの北西部で信じられていて、昼間は少女として暮らしているが、月夜になると頭だけが胴体から抜け出す。首から下には心臓や胃、肝臓、腸などの内臓がそのまんまぶら下がっている。そして空中をふわふわと漂って移動する。首に該当する部分には肉がついている場合もあれば、気管のみの場合もある。

マーライは比較的、何でも食べる。干してある衣類や腐った食べ物を食べることもあるが、動物の死骸や人間の子供も食べてしまう。ぶら下がっている内臓でそれらを消化する。内臓は血液を吸収すると発光することがある。

頭と臓器だけという奇妙な姿の妖怪だが、東南アジアには似たようなものが多数、知られている。たとえば、タイのグラスー、マレーシアのペナンガラン、フィリピンのマナナンガルなどが知られる。グラスーは人間との悲恋が知られるが、ペナンガランやマナナンガルは胎児を狙う恐ろしい存在である。

《参考文献》

Last update: 2024/07/10

サイト内検索