ジンニー

分 類イスラーム
名 称 جِنِّيّ〔Jinniyy〕(ジンニー)【アラビア語】
 複数形:جن‎(ジン)【アラビア語】
容 姿
特 徴
出 典『アル=クルアーン(コーラン)』(7世紀)ほか

「何でも願いを叶えましょう!!」

ジンニーは古くからアラブ人が信じてきた精霊のこと。日本語訳では「幽精」とか「妖霊」と書く。『千一夜』に登場するランプの精が非常に有名である。

ジンニーは大きさも姿は変幻自在で、さまざまな生き物に変身できる。凶悪なものもいれば、悪戯好きのもの、また、人助けをするものなど、性格はさまざまである。魔王イブリースに率いられており、マーリド、イフリートなど、性格などによって呼び方が異なる。ソロモン王はジンニーを自在に操って、神殿を建設したとされる。

イスラームが成立する前からアラビア伝承の中で信じられていたが、『アル=クルアーン(コーラン)』でもその存在が否定されておらず、「アル・ジン」という表題の章(スーラ)がある。ジンニーは人間と天使の間に位置する被造物とされ、人間が土、天使が光から作られたのに対して、煙の出ない火から創造されたとさえる。

《参考文献》

Last update: 2011/10/21

サイト内検索