イルルヤンカ

分 類メソポタミア神話
名 称 MUŠ il-lu-ya-an-ka(イルルヤンカ)《蛇》〔ヒッタイト語〕
※「MUŠ」は「蛇」を表す決定詞なので発音されない。 Illuyanka(イルルヤンカ)【英語】
容 姿巨大な蛇。
特 徴嵐の神と敵対する。酒に酔っ払ったところを退治される。

嵐の神による竜退治!?

イルルヤンカはヒッタイト神話の神話に登場する大蛇の怪物で、嵐の神による竜退治のエピソードに登場する。レリーフなどから類推するに巨大な蛇の怪物であったらしい。イルルヤンカはヒッタイト語で《蛇》を意味する一般名詞で、特にこの怪物の固有名詞ではないらしい。嵐の神と敵対する存在として描かれる。

酔っ払ったら負けよ!?

嵐の神による竜退治のエピソードは2つのヴァージョンが知られている。嵐の神は、おそらくタルと呼ばれる神で、フルリ人はこの神のことをテシュブと呼んでいた。ある粘土板によると、この嵐の神はキシュキルッシャという都市の覇権を巡ってイルルヤンカと争って敗れた。そこで娘であるイナラにこの怪物を何とかするように頼んだ。イナラ女神は、記紀神話でスサノヲが八岐大蛇(ヤマタノヲロチ)を退治したときと同じように、イルルヤンカとその一族たちにたらふく酒を飲ませて酔っ払らわせ、人間の英雄フパシヤに怪物を縛り上げさせた。こうしてイルルヤンカは嵐の神によって退治されたのである。

奪われた目玉と心臓を取り返せ!?

もうひとつのヴァージョンでは、イルルヤンカは嵐の神の目玉と心臓を奪うことにまで成功したという。嵐の神は女神ハベトとの間にシャッルマという息子を設けると、その息子をイルルヤンカの娘に嫁がせ、目玉と心臓を取り戻させた。力を取り戻した嵐の神は再びイルルヤンカ一族と戦って退治したという。この戦いでシャッルマは妻の一族を見捨てることが出来なかったので、イルルヤンカ一族の味方をした。そのため、父親である嵐の神に一緒に殺されてしまっている。

ちなみに昔は「イルルヤンカシュ(MUŠ il-lu-ya-an-ka-aš )」と表記されることが多かった。今でも多いけれど、でも、最後の「aš」は活用のひとつで主格語尾であるため、現在では普通、「イルルヤンカ」と呼んでいる。

《参考文献》

Last update: 2011/07/10

サイト内検索