デックアールヴ

分 類北欧神話
名 称 Døkkálfr(デックアールヴ)《闇の妖精》【古ノルド語】
Svartálfr《黒い妖精》【古ノルド語】
容 姿黒い肌で背が低く、醜い。
特 徴闇の妖精。地下世界に棲む。
出典スノッリ『散文のエッダ』(13世紀頃)ほか

地下世界に棲む闇の妖精族!?

北欧神話に登場する《妖精》はアールヴと呼ばれている。スノッリ・ストゥルルソンは、このアールヴを2種類に分類している。

デックアールヴは北欧神話の中で言及される闇の妖精。地下に棲む。北欧神話では妖精のことはアールヴと呼ぶ。一般にアールヴと言えば、リョースアールヴ《光の妖精》と呼ばれる天に棲む美しい妖精たちのことだが、これと対になる存在として背が低く、醜く、肌が黒い妖精がいるとされた。それがデックアールヴ、あるいはスヴァルトアールヴである。スヴァルトアールヴヘイムと呼ばれる地下世界に棲み、太陽光線を嫌い、日中は地上に出てこないとされる。ドヴェルグという小人族と同一視される。性格もあまりよくなく、人間に悪戯をして怪我をさせたり、病気をもたらしたりするという。

《参考文献》

Last update: 2011/06/02

サイト内検索