シンネミ・ナッ

分 類ミャンマー伝承
名 称 ရှင်နှဲမိʃɪ̀ɴn̥əmḭ〕(シンネミ)【ミャンマー語】
မနှဲလေးma̰n̥ɛ́lé〕(マネーレー)【ミャンマー語】

容 姿子供の姿。
特 徴母のトウン・バーンラとともに死んで、悪霊になった。子供たちを守護する。
出 典

母とともに亡くなった子供の守護神!?

ミャンマー(ビルマ)は仏教国として知られる一方、今でも根強く土着の精霊信仰が盛んで、さまざまな精霊(ナッ)がいる。シンネミは「37人のナッ神」の1人、子供の姿をしたナッ。子供の守護神として崇拝される。

彼女は神話では、トウン・バーンラの娘とされ、2歳のときに、母が死んだときに、一緒に死んで、精霊ナッと化した。母親のトウン・バーンラはとても美しく、ピャーのドゥッタバウン王に嫁ぐことになったが、宮廷の他の女王に妬まれ「彼女は、太っているので、宮殿の入口を通り抜けられない」などと王に告げられ、結局、宮廷に立ち入ることが出来なかった。トウン・バーンラは王が会いに来るのを待ち続け、失意のうちに死んだが、このときに娘も一緒に死んで、死後、母子は精霊ナッになったという。

別のヴァージョンの神話として、トウン・バーンラは、マウン・ティン・デ(後のマハギリ・ナッ)の末の妹という形でシンネミとともに「マハギリ神話」に取り込まれた。マハギリ神話の中に登場するナッ女神たち(ナマードゥシュエナベ、トウン・バーンラ)が右手を胸に当てて悲しみを表現する伝統的なポーズなのに対して、シンネミは子供らしく、手を自由にして、喜びの仕草を示している。

《参考文献》

Last update: 2021/09/30

サイト内検索