エレシュキガル

-冥府を司る女王。
分 類メソポタミア神話
名 称 𒀭𒊩𒆠𒃲dereš-ki-gal〕(エレシュキガル)【シュメル語】
容 姿
特 徴
出 典『イナンナの冥界降り』ほか

シュメル・アッカドの冥府の女主人!?

エレシュキガルはシュメル・アッカド神話に登場する冥界の女神。主にクタ市で崇拝される。イナンナの姉で、疫病や死を司るネルガルを夫としている。

冥界はシュメル語では「クル」と呼ばれ、地下深くにあり、決して「戻ることのない土地」と呼ばれた。首相ナムタル、書記ベーレット・セリ、死者を裁く7人の裁判官などを従えて冥界に君臨する。しばしば、地上との連絡にはナムタルが派遣された。

毎年の神々の酒宴にはエレシュキガルは参加せず、ナムタルが派遣されたが、ネルガルがナムタルを侮辱したことをきっかけに、関係修復のために、ネルガルは冥府に降る。そこでエレシュキガルに惹かれ、関係を結ぶ。その後、ネルガルは地上に戻ってしまうが、身籠ったエレシュキガルが神々にネルガルを冥府に戻すように嘆願し、もしもネルガルを戻さなければ地上の人間を生まれる数以上、冥府に連れてくると脅した。ネルガルは部下を引き連れて冥府を攻撃するが、それでもエレシュキガルに泣きつかれて、最終的に冥府に残ることを承諾する。

エレシュキガルとネルガルの間には、医術神ニンアズが誕生した。

《参考文献》

Last update: 2020/04/06

サイト内検索