ステュムパーリス・オルニス

分 類ギリシア神話
名 称 Στυμφαλίς Ὄρνις(ステュムパーリス・オルニス)【古代ギリシア語】
複数形:Στυμφαλίδες Ὄρνιθες(ステュムパーリデス・オルニテス)【古代ギリシア語】
Stymphalian Bard(ステュンファリアン・バード)【英語】
容 姿
特 徴
出 典

糞害を引き起こす青銅の翼を持つ鳥!!

ステュムパーリス・オルニスはギリシア・ローマ神話に登場する怪鳥。ペロポンネーソス半島のステュムパーロス湖畔の森に群れで棲息していた。翼の先端が青銅でできていた。集団で人々を襲ったり、周辺の田畑を糞害で悩ませていた。英雄ヘーラクレースが十二の難業の一つとしてこの地を訪れ、退治した。ヘーラクレースはヘーパイストスがつくったという青銅製の巨大な鳴子をガンガンと叩き鳴らし、驚いて飛び立った鳥たちをヒュドラーの毒矢で射落としていったという。もともとはこの鳥たちは戦神アレースのペットだったとされる。

ちなみにさまざまな書籍で「ステュムパーリデスの鳥」などと紹介されることが多いが、古代ギリシア語の「Στυμφαλίδες(ステュムパーリデス)」は《ステュムパーロス(地名)の》という形容詞で、かつ複数形に対応している言葉なので、日本語の「鳥」を形容するには若干の違和感を覚える。正確には「ステュムパーロスの鳥」とするのが正しいと思う。

《参考文献》

Last update: 2009/09/13

サイト内検索