セルキー

分 類ヨーロッパ伝承
名 称 Selkie(セルキー)【スコットランド語】< /td>
容 姿アザラシの毛皮をまとった妖精。
特 徴海中ではアザラシの姿、陸上では人間の姿。

海底に暮らすアザラシの妖精族!?

スコットランドの北方に連なるオークニー諸島とシェトランド諸島にはたくさんのアザラシが棲んでいるが、島の住人たちは、大型のアザラシのことを妖精だと考えていたようだ。それがセルキー。海の中ではアザラシの毛皮をまとい、海底の洞窟に暮らしている。しかし陸上に上がるときには、毛皮を脱いで人間の姿になるのである。このセルキー族は非常に美しいという。

男性のセルキーはしばしば人間の女性にちょっかいを出すという。でも、大抵、この結婚は長続きしない。セルキーの男性と人間の女性の間に生まれた子供は、手足に水掻き(みずかき)があるという。また、女性のセルキーの伝承では、日本の羽衣伝説のような話が残っている。アザラシの毛皮はセルキーたちが海の中で暮らすために必要なもので、この毛皮を奪われて海に戻れなくなってしまったセルキーの伝承が残っている。そのセルキーは毛皮を盗んだ人間の男性と結婚したという。

しばしば、セルキーたちはアザラシ漁師によって傷つけられる。もしもセルキーの血が流されるようなことがあれば、嵐が起こり、海は非常に大荒れとなって、命を落とすこともあるという。

スコットランドの西方にあるヘブリディーズ諸島には、セルキーと同様のアザラシの妖精ローンが棲んでいる。こちらもアザラシの皮をまとった妖精族だが、セルキーのように嵐を引き起こさない。非常に温厚な妖精族だという。

《参考文献》

Last update: 2011/04/26

サイト内検索