マガツヒ

分 類日本神話
名 称 八十禍津日神(ヤソマガツヒノカミ)〔記〕【日本語】
大禍津日神(オホマガツヒノカミ)〔記〕【日本語】
八十枉津日神(ヤソマガツヒノカミ)〔紀〕【日本語】
特 徴災厄の神。
出 典『古事記』『日本書紀』ほか

死者の穢れを擬人化した災厄の神

マガツヒ神は記紀神話に登場する災厄の神さま。死者の穢れを擬人化した神さまで、イザナギ神が黄泉の国から帰ってきたときに、その穢れを祓ったときに生まれたという。『古事記』では二人のマガツヒ神が言及されていて、八十禍津日神(ヤソマガツヒ神)と大禍津日神(オホマガツヒ神)が生まれたと説明されている。『日本書紀』では八十枉津日神(ヤソマガツヒ神)だけが言及されている。マガツヒ神が誕生した後に、その災厄を直すためにオホビ神が誕生している。ナホビ神は災厄を祓う禊祓いの神であると考えられている。

後代、災厄を祀ることで、災厄から逃れられるという発想で、マガツヒ神は厄除けの神さまとして信仰されるようになり、しばしばナホビ神と一緒に祀られるようになった。

江戸時代に『古事記』などの研究をした本居宣長(1730年~1801年)は、マガツヒ神を悪神として、この世の不条理を彼らの仕業とした。一方、平田篤胤(1776年~1843年)はマガツヒ神を善神とし、悪を悪だと認識する人間の心を司る神さまとした。悪に直面したときに憤る心はマガツヒ神によって喚起され、そしてナホビ神によってやがて憤りは鎮められるのだという。

『古事記』によれば、神直毘神(カミナホビ神)、大直毘神(オホナホビ神)と伊豆能売(イヅノメ)が、『日本書紀』によれば神直日神(カミナホヒ神)、大直日神(オホナホヒ神)が生まれたという。

《参考文献》

Last update: 2010/09/27

サイト内検索