ベルゲルミル

分 類北欧神話 
名 称 Bergelmir(ベルゲルミル)【古ノルド語】
容 姿霜の巨人。
特 徴滅ぼされた巨人族の唯一の生存者。霜の巨人族の祖。
出 典スノッリ・ストゥルルソン『散文のエッダ』(13世紀頃)、『詩のエッダ』(13世紀頃)ほか

死滅したはずの巨人族の唯一の生存者!?

ベルゲルミルは北欧神話に登場する霜の巨人。原初の巨人ユミルの孫。オージンがユミルを殺害して世界を創造したとき、ユミルから大量に流れ出した血液で、巨人族は滅びてしまったが、唯一、ベルゲルミルと彼の妻だけは方舟に乗って生き残り、その後の霜の巨人族の祖となった。

《参考文献》

Last update: 2019/11/15

サイト内検索