モルペウス

分 類ギリシア神話
名 称 Μορφεύς(モルペウス)《造形者》【古代ギリシア語】
容 姿黒い翼を持った神。
特 徴夢を司る。眠りの神の息子。
出 典『メタモルフォーセース』ほか

人間の姿を夢に見せる神!?

モルペウスはギリシア・ローマ神話に登場する夢の神さま。《眠り》の神であるヒュプノスの息子で、《造形者》という意味である。夢の神々であるオネイロスたちの一人で、オネイロスたちの中ではもっとも名前の知られている存在である。ポベートール(あるいはイケロス)、パンタソスと三兄弟で、それぞれ夢を司っているとされる。オウィディウスの『メタモルフォーセース』によれば、モルペウスは人間の姿を、ポベートールは動物の姿を、パンタソスは無生物の姿を見せる役割を負っているという。彼らは大きな黒い翼を持ち、その翼で音もなく飛翔したという。

《参考文献》

Last update: 2009/08/02

サイト内検索