磯撫で(イソナデ)

分 類日本伝承 
名 称 磯撫で(イソナデ)【日本語】
容 姿巨大なサメ。尾びれに無数の針がついている。
特 徴気づかれないようにそっと船に接近し、尾びれで人間を引っ掛けて海に引き込んで喰らう。
出 典『絵本百物語』(1841年)ほか

そぉっと接近して尾びれの針で人間を海中に引き込む海のハンター!?

磯撫で(イソナデ)は、西日本近海に伝わる怪魚。江戸時代の奇談集『絵本百物語』に記述がある。サメのような姿で、尾びれには無数の細かい針がおろし金のようについている。北風が強く吹くと出没し、船を襲う。海面を撫でるようにそっと船に近づき、尾びれの針で人を引っ掛けて海中に引き込んで喰らう。船に乗っている人は簡単には磯撫での接近には気づかず、磯撫での存在に気がついたときには、尾びれで捕えられているという。海辺に死人がいると「磯撫でに撫でられた」などと言う。

《参考文献》

Last update: 2020/04/19

サイト内検索