ヒッポグリフ

分 類近代創作
名 称 Hippogriff(ヒッポグリフ)【英語】
容 姿ワシの翼と前半身と馬の後半身を持つ怪物。
特 徴絶対に生まれるはずのない存在。
出 典アリオスト『狂えるオルランド』(16世紀)

決して生まれ得ない怪物!?

ヒッポグリフはグリュプスが牝ウマを孕ませてうまれる怪物。ワシの翼と前半身、馬の後半身を持っている。元来、グリュプスはウマが大好物だとされている。そのため、ウェルギリウスは『牧歌』の8巻の中で、

Iungentur iam grypes equis, aevoque sequenti
cum canibus timidi venient ad pocula dammae.

グリュプスと牝馬との交配というのは、
猟犬とシカが一緒に水を飲むというのと同じで、永遠に起こらないことだ。

と説明している。これに着想を得た16世紀のルドヴィーコ・アリオストは『狂えるオルランド』の中に登場させた。英雄ルッジェーロを背中に乗せてヨーロッパ中を飛び回った上、アストルフォを乗せて月まで飛んでいった。

《参考文献》

Last update: 2009/05/02

サイト内検索