アスモデウス

分 類キリスト教、魔法書文献、悪魔学
名 称 Asmodeus(アスモデウス),Asmoday(アスモダイ),Asmodai(アスモダイ)【ラテン語】
容 姿牡牛、人間、牡羊の頭、鵞鳥のような足、蛇の尻尾を持つ。地獄のドラゴンに跨り、旗のついた槍を掲げている。
特 徴口から炎を吐く。アマイモンの副官で、72個の地獄の軍隊を率いる。人間を無敵にする。算術、天文、幾何学、手工芸の技芸を伝授し、美徳指輪を与える。
出 典ヴァイヤー『悪魔の偽王国』(1577年)、『レメゲトン』「ゴエティア」(17世紀頃)ほか

魔王アマイモンのナンバ・ワンの悪魔!?

アスモデウスは中世の悪魔学、魔法書文献に多数、その名前が登場する悪魔。地獄をすべる四魔王のうちの一人、魔王アマイモンの勢力下でナンバ・ワンの地位にいる。召喚するためのルールが細かいので注意が必要で、アスモデウスが魔法陣の中に入らないように注意し、帽子や頭飾りを外させて、何をする間も、ちゃんと地面の上に立たせておく必要がある。そうしないと、アマイモンが術者の行為を全てみんなにばらしてしまうという。邪な願いを叶えようとアスモデウスを召喚するときには、特に気を付けないと、自分の願望が筒抜けになってしまう。

このアスモデウスは由緒ある悪魔で、ゾロアスター教の悪魔アエーシュマに由来するという説が一般的で、《悪魔のアエーシュマ》を意味する「アエーシュモー・ダエーワ」がアスモデウスになったという。

『レメゲトン』第1部「ゴエティア」で描かれるアスモダイ

17世紀頃には成立していたと考えられている中世の魔法書『レメゲトン』の第1部「ゴエティア」にアスモダイの記述がある。「ゴエティア」はソロモン王が使役したという72匹の悪霊について、その召喚の手順を具体的に記したもので、必要な呪文や魔法陣、72匹の悪霊たちのそれぞれの能力や紋章(シジル)、召喚に際しての注意事項などが書かれている。「ゴエティア」ではアスモダイは32番目に紹介されている。

(32.) ASMODAY. - The Thirty-second Spirit is Asmoday, or Asmodai. He is a Great King, Strong, and Powerful. He appeareth with Three Heads, whereof the first is like a Bull, the second like a Man, and the third like a Ram; he hath also the tail of a Serpent, and from his mouth issue Flames of Fire. His Feet are webbed like those of a Goose. He sitteth upon an Infernal Dragon, and beareth in his hand a Lance with a Banner. He is first and choicest under the Power of AMAYMON, he goeth before all other. When the Exorcist hath a mind to call him, let it be abroad, and let him stand on his feet all the time of action, with his Cap or Headdress off; for if it be on, AMAYMON will deceive him and call all his actions to be bewrayed. But as soon as the Exorcist seeth Asmoday in the shape aforesaid, he shall call him by his Name, saying: “Art thou Asmoday?” and he will not deny it, and by-and-by he will bow down unto the ground. He giveth the Ring of Virtues; he teacheth the Arts of Arithmetic, Astronomy, Geometry, and all handicrafts absolutely. He giveth true and full answers unto thy demands. He maketh one Invincible. He showeth the place where Treasures lie, and guardeth it. He, amongst the Legions of AMAYMON governeth 72 Legions of Spirits Inferior. His Seal is this which thou must wear as a Lamen upon thy breast, etc.

アスモダイの紋章

(32)アスモダイ:32番目の悪霊はアスモダイである。彼は偉大な王であり、強大で強力である。彼は3つの頭を持って出現する。ひとつは牡牛、もうひとつは人間、もうひとつは牡羊である。また、彼は蛇の尻尾を持ち、彼の口は燃える炎を放つ。彼の足はガチョウの足のように水掻きがある。彼は地獄のドラゴンの上に座り、旗のついた槍を握っている。彼はアマイモンの支配下においては、第一にして最高級であり、他の全ての先頭を行く。術者は彼を召喚しようと思ったら、魔法陣の外に出し、あらゆる動作の間、帽子と頭飾りを外した状態で、彼自身の足で立たせておく必要がある。さもなくば、アマイモンは術者を欺き、術者のあらゆる行動を暴露してしまうだろう。しかし、術者は前述の姿のアスモダイを見るやいなや、「汝はアスモダイか?」と彼の名前を呼ばなければならず、彼はそれを否定せず、間もなく、地面に向かって首を垂れるだろう。彼は美徳の指輪を与える。算術、天文、幾何、その他あらゆる手工芸の技芸を完璧に教える。彼は真実と汝が欲する完全な答えを与える。彼は人間を無敵にする。彼は財宝が眠る場所を示し、それを守護する。彼はアマイモンの軍隊のうち、72個の地獄の悪霊の軍隊を統治する。彼の紋章はこれで、汝は汝の胸に胸飾りとして身に纏わなければならない。

("Lemegeton, Goetia"より)

コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』に描かれるアスモデー

フランスの文筆家コラン・ド・プランシーが1818年にまとめた『地獄の辞典』は改訂を重ね、1863年の第6版ではブレトンの悪魔の挿絵が加わった。その中では「アスモデー」として紹介されている。

ブルトンの描くアスモデー

(コラン・ド・プランシー『地獄の辞典』より)

《参考文献》

Last update: 2013/08/11

サイト内検索