アーサー

分 類ヨーロッパ伝承
名 称 Arthur(アーサー)【ウェールズ語】
容 姿
特 徴5~6世紀のケルトの伝説の王。
出 典ジェフリー・オブ・モンマス『ブリタニア列王史』(12世紀)

イギリスに危機が訪れると再び甦る伝説の王

アーサーはイギリスの伝承に登場する伝説の王。5世紀から6世紀に実在したとされているが、詳細はよく分からない。アーサー王伝承は12世紀頃から次第に形になり、15世紀のトマス・マロリーの『アーサー王の死』で集大成となった。その伝承によれば、アーサーは、引き抜いた者が王になれるという台座の剣を引き抜き、魔術師マーリンの助力のもと、偉大なる王へと成長を遂げていく。そして円卓の騎士と呼ばれる12人の騎士を率いて、エクスカリバーを武器に、巨人退治、ローマ遠征などの様々な冒険を行うが、遂にはモードレッドとの戦いで深手を負い、モルガン・ル・フェに連れられて伝説のアヴァロン島へと消えていく。けれどもイギリスに危機が訪れると再び甦ると信じられた。

《参考文献》

Last update: 2009/08/19

サイト内検索