ヨーウィー

分 類アボリジニ伝承
名 称 Yowie(ヨーウィー),Whowie(フーウィー),Wowie(ウォーウィー)
容 姿昆虫の脚を持ったトカゲの怪物。
特 徴夜行性で非常に敏捷。家畜を襲って喰らう。

不気味な姿をしたゴキブリのようなトカゲ!?

ヨーウィーといえば、一般的にはオーストラリアの毛むくじゃらの獣人UMAを思い浮かべる人がいるかもしれないが、それは別項目で説明することにして、この項で説明するのはアボリジニ伝承に登場する爬虫類と昆虫を合わせたような不気味な怪物である。目撃情報によれば、犬くらいの大きさの怪物で、頭はオオトカゲ、身体は鱗に覆われ、蛇のように長い尻尾を持っている。そして何よりも不気味なのは、6本の昆虫の脚を持っているということ。これでゴソゴソと移動するらしい。夜行性で、夜中に6本脚で不気味な音を立てて這い回る。意外と敏捷でなかなか捕まえられないというから、何だかゴキブリを連想させる。この不気味な怪物は洞窟などに棲んでいて、暗くなると獲物を探して出没し、家畜などを襲うという。

《参考文献》

Last update: 2011/05/07

サイト内検索