スルト

分 類北欧神話
名 称 Surtr(スルト)《黒》【古ノルド語】
容 姿
特 徴
出 典『王の写本』『エッダ』ほか

炎の巨人を率いて世界を焼き尽くす!?

スルトは北欧神話に登場する炎の巨人。南の果てにあるとされる炎の国ムースペッルヘイムの門番をしているとされ、手には炎の剣を携えている。ムースペッルヘイムは氷の国ニヴルヘイムとともにこの世が始まる以前から存在している場所で、あまりに熱いため、そこにうまれたものたちしか棲むことができないという。スルトも太古からこの土地にうまれていたものと考えられるが、神話の中にはほとんど登場しない。ラグナロクのときには炎の国の住人ムースペッルたちを引き連れて侵攻してくる。そしてフレイ神を打ち倒し、世界樹ユッグドラシルを燃やし尽くすという。

《参考文献》

Last update: 2009/08/19

サイト内検索