ウェブサイトの多言語化

Google Noto Fonts

Googleでひとつのプロジェクトが動いている。2016年にGoogle Noto FontシリーズがUnicode標準で定義された約800言語、11万字を超える全文字に対応したと発表した。Notoフォントのパッケージを全てダウンロードすると、全てのUnicodeに対応するわけである。現在もUnicodeの文字は増え続けているので、Notoフォントも順次、対応していくのだろう。つまり、ボクの理想形に限りなく近い。ただし、ひとつのフォントで全ての言語に対応するのではなく、フォントのパッケージとして対応する。全Unicodeに対応するフォントを構築すると、ものすごく重くなるらしく、結局、それぞれの言語で分割して、パッケージとして対応するという判断になったらしい。

まあ、パッケージで全Unicodeに対応しているのだから、それでいいじゃないか、という話もあるのだが、例えば、Wordで文書を作成して、日本語で文章を書いていて、途中に楔形文字を入れることを想像してみる。ひとつのWordファイルで、たったひとつの『Noto Fonts』で対応してくれれば楽ちんなのに、現状としては、日本語の部分は「Noto Sans CJK JP」、楔形文字の部分は「Noto Sans Cuneiform」を指定しなければならない。ウェブサイトも同様で、スタイルシートで言語に応じてフォントを設定してやる必要がある。

それでも、大きな一歩である。楔形文字やアヴェスター語など、ウェブサイトが文字化けになるという技術的な課題と戦いながら、ようやく、そういう課題が解決されそうな見通しがある。

Google Noto Fonts: https://www.google.com/get/noto/

Last update: 2020/04/01

サイト内検索