ウェブサイトの多言語化

外国語をカタカナ化する限界

ウェブサイト「ファンタジィ事典」は「世界の妖怪」についてまとめた『事典』である。従って、便宜上、本ウェブサイトでは、全ての「世界の妖怪」をカタカナ表記に変換して、五十音順に並べるという方法を採る。

その際、外国語をカタカナ化するのは、一筋縄ではいかない作業だ。例えば英語で考えてみたときに、appleは「アップル」とするか「アポー」とするか。good nightを「グッドナイト」とするか「グンナイ」とするか。当然、そこには揺らぎが生じる。

基本的には、その国の言語の本を参考にしながら、一般に流布している表記と専門家や言語学者が採用する表記との間から選ぶことになる。でも、専門家の間でも、人によって表記が異なる場合もあるし、そもそも日本語にはない音を含む諸外国の言語をカタカナで表記する行為には限界がある。それに、古代エジプト語や古代ヘブライ語などは再建音であって、本来の発音が分からないことだってある。

地域によって呼称が異なることもある。例えば、大航海時代の冒険家「マゼラン」は英語での発音だ。でも、厳密には「マジェラン」が近いかもしれない。でも、広く膾炙しているのは「マゼラン」という表記だろう。でも、実は彼はポルトガル人だ。ポルトガル語で発音すると、「マガリャンイス」になる。スペイン語で発音すると「マガリャネス」だ。このように、地域によって呼び方が若干、異なることもある。ボクの場合、「マゼランはポルトガル人なのだから、マガリャンイスだろう」という選択をするが、マゼランの方が普及しているし、よく知られている。こういうのも、結構、課題になってくる。

* * *

カタカナはあくまでも近似的なもので、本来の諸外国語の発音を完全には再現しない。そう割り切った上で、極力、原語の発音に近いものを拾っている。最近では、google翻訳など、発音機能を備えたプログラムが普及してきたので、そういうので逐次、発音させて、耳で確認しながら、国際音声記号(IPA)を援用しながら、独断と偏見でカタカナ化している。

* * *

結局、そういうカタカナ化の限界があるので、カタカナ化する前の原語をそのまま載せることで、各人が発音について考えられるようにする。それが本ウェブサイトの基本的な方針だ。カタカナにしたときに「アップル」だろうが「アポー」だろうが「apple」という原語を記載する。そうなると、ビルマ文字やハングル、アラビア文字、果ては楔形文字や古代エジプト文字、アヴェスター文字なんかを載せる必要が出てきて、畢竟、ウェブサイトの多言語化を目指すことになる。

Last update: 2020/04/01

サイト内検索