2014年10月3日 日本語が非論理的なのではなく、書き手が非論理的なのである。

日本語って論理的じゃないと言うけれど、ホント、論理を意識していない人の日本語って意味不明だ。日本語にも、上手と下手ってあるのだなあ。何のことを言っているのか、突き詰めていくとよくわからない、という文章に出くわす。特にそれを英語に翻訳しようとすると、あからさまになる。この文章はどこに掛かっているんだ? これの主語は何だ? 検討するって、何を? みたいな感じの連続。もう、発狂しそうになる。

日本語が論理的なのではなく、論理的でなくても文章として成立してしまう。だから、書いている本人が非論理的であることに気が付かない。そういうことなのだろう。ボクが書いたら、こんな風にはならない。結局のところ、日本語教育に問題があるのだ。国語の授業って、感性を育むのも大切だけど、非論理的にいろんなものを省略しちゃいけないよ、ということを、しっかりと教えてあげなきゃいけない。というか、主語を書かなくても文章は成立するし、目的語がなくても文章は成立する。でも、それは省略可であって、省略する前にちゃんと考えなきゃいけない。動詞を書いたら、主語を書こうが書くまいが、主語を想定して書かなきゃいけない。英語みたいに自動詞、他動詞の発想がないので、日本語の場合、目的語を省略することだって出来る。でも、本当に目的語が省略できるのかも、ちゃんと考えなきゃいけない。特に体格になる名詞(「~を」に当たる名詞)を省略して、文章が成立するのだろうか、ということは、日本語で物を書く場合でも、ちゃんと考えなきゃいけない。

2014年7月25日 スケジュール感というジャーゴン!?

我が社には独特のジャーゴンが多くって、困る。本日も「デマケを図る」などと言われて、ボクとしてはちんぷんかんぷんだ(笑)。

……とか書いたら、ジャーゴンだって分からねーよ、と一部から突っ込みが入るかもしれない。ジャーゴンは、内輪だけで通じる隠語のこと。警察が「ホトケ(死体)」とか「ワッパ(手錠)」とか「ハジキ(拳銃)」とか言っているような感じ。どうやら、「デマケ」というのは霞ヶ関ジャーゴンらしい。デマケーションの略らしく、直訳すると《境界》とか《区分》のことだそうで、そこから転じて、「デマケを図る」というのは、要するに、ある領域についてはすでに誰かが担当しているから、その領域の外での仕事を考える、ということみたい。縄張り争いから外れたところで勝負しようね、ということを言いたいのだとか。うーん、難しい。

そんなわけで、ジャーゴンについて調べていたら、「スケジュール感」というのも、ジャーゴンの一種だ、ということを知る。へぇ。知らなかった。ボクなんか普通に使っていた。いろいろと考察されていて、そもそも「スケジュールを教えて!」というのと「スケジュール感を教えて!」というので、どう違うか、というのが、ネット上のあっちこっちで議論されていた。

多分、「スケジュール」はかっちりとしたイメージなのだ、と思う。だから、「スケジュールを教えて!」と言われた側は、不確定なスケジュールは答えられないので、明言を避けて「決まり次第お伝えしまう」と答えることになってしまうかもしれないし、訊く側も、万が一、「○○日までです!」と答えられてしまうと、何だかその期限までにやらなきゃいけないような気分になる。一方の「スケジュール感」だと「感覚」の世界なので、個人的な見解にまでブレーク・ダウンする。だから、「スケジュール感を教えて!」と言われた側は、明確にスケジュールを固めている必要がなくって、「大体○○日くらいまでにやってもらうイメージです!」というような回答になって、ざっくりとした目安の締め切りを答えられる。一方の「教えて!」と言う側も、「本音ではこのくらいまででいいですか? 頑張ります」的な展開に持っていける。「スケジュール感」という言葉は、そういう両方のせめぎ合いで、何となく生まれた言葉なのだろう。

なるほどなあ。何も考えずに使っていた。言葉ってのは、便利なように進化(退化?)していくのだ。

2014年7月21日 好きな言葉

ボクのプロフィールのところに好きな言葉を3つ載せている。

・ただ生きるのではなく善く生きる
・一身独立し、一国独立す
・支離滅裂でいたい

それぞれ、何の解説もなく、ただ載せているので、ここで解説をしておこう、と思う。

1つ目はソークラテースの言葉。正確にはプラトーンがソークラテースの言葉として紹介している言葉だ。「ただ生きるより、善く生きろ」とか「人間はただ生きるのではなく、善く生きることが大切だ」とか訳されるけれど、原典は『クリトン』の「Ού τό ζήν περί πλείστου ποιητέου, αλλά τό εύ ζήν.」だ。ボク自身は漫然と生きる生き方を否定するものではないけれど、でも、何か重大な選択をする際には、どれだけ苦しくても、善く生きる道を選びたい、と思っている。

2つ目は福沢諭吉の言葉。『學問ノスヽメ』に登場する。結局のところ、一個人が大事なのだ。一個人が頑張るしかない。誰か偉い人が理想の社会を作るのではない。一個人がそれぞれ理想を追い求める。その結果、いい社会になる。みんな、頑張れ、というメッセージ。

3つ目は鳥居みゆきの言葉。1つ目と2つ目が重たいので、バランスを考えたらこんな感じになった。……というのは嘘だけど、ボク自身、支離滅裂でいたい、と思っている。

なんでこんな記事になったかというと、偶然、ネットサーフしていたら、「ウィキクォート」というウェブサイトを発見したからだ。ウィキペディアの親類で、いろんな偉人たちの言葉を紹介するウィキだ。日本語の部分については、載っている人と載っていない人で温度差があるんだけど、世界各国が参戦してくれているので、英語なんかは結構、いろいろと載っていて面白い。そんなわけで、本日の記事はこんな感じ。

2014年6月10日 正しくはヌードルズ!?

日清カップヌードルのトムヤンクンを食べる。辛いイメージがあったけど、味の方向性としては酸っぱい系で、クリーミィを自称しているだけあって、そんなに辛くなかった。よかった。

プチ衝撃だったのは、パッケージの側面に「日本ではカップヌードルだけど、海外ではカップヌードルズなのだ」と書いてあったこと。ん? 麺って、複数形にするのか? そこで辞書で調べてみたら、麺は複数本入っているので、基本的には複数形なのだ、ということを知る。へえ。知らなかったな。これからは気をつけよう。

2014年5月6日 敬称「さん」の威力

海外にいると、日本語の敬称の「さん」って便利だなあ、と思う。男性か女性か、あるいは結婚しているか否か、目上か目下かなんて関係ない。誰に対しても「さん」でオーケィだ。ボクはフィリピンではみんな、「さん」で通している。Rachel-san、Boy-san、Neth-san……。総裁でも、部長でも、スタッフでも、男性でも女性でも、みんな、「さん」だ。

昔、上司が「俺は全員のことを『さん』で呼んでいる。そうしたら楽になった」と言っているのを思い出す。

2014年4月23日 サンスクリットに魅入られて……

本日付で新しい会社に配属になった。その歓迎会ということで、近くの呑み屋さんへ。そして、エヌ田さんと意気投合する。

どうやら、彼女は大学時代、何をとち狂ったか(注:エヌ田さんの発言のまま!)、サンスクリットを専攻したらしい。だから、文法や意味は分からなくとも、音としてのデーヴァナーガリーは読めるので、インドに遊びに行くと、ついつい文字を発音してしまうのだ、と言っていた。会社のメンバたちは「え? エヌ田さん、サンスクリット語なんて読めるの?」と驚いていたけれど、エヌ田さんは「ええ。サンスクリット読めますよ」と答えていた。ああ、エヌ田さんは「サンスクリット語」とは言わない派の人間なのだな。ボクと同じ人種だ。

そもそも彼女は文字が好きらしく「音としてなら読める文字」がたくさんあるとのこと。この感覚が、とてもボクに近い。ボクも「音として読める文字」ならたくさんある。「文法」にはあんまり興味がないのだ。最近じゃ、ミャンマー文字も少しだけ「音として読める」ようになってきた、と思う。そういうアプローチで言語に向き合う点はボクと彼女は似ている、と思う。そういう意味じゃ、英語ってどう頑張っても「音として読める文字」にはならないので、難しい言語だ、とボクは密かに思っている。

その後、インド・ヨーロッパ語族の話でエヌ田さんと盛り上がる。それを受けて、ティー田さんも中国の四声とベトナムの六声について講釈を始める。ああ、この会社の人たちは、ちょっとヘンだな。でも、面白いかもしれない。少しだけ、ボクは安心していたし、もしかしたら、一緒に入社したエム島君は心配になったかもしれないな、と思う。

2014年4月2日 アヴェスター文字を右横書きで印字できないで誤魔化した件

最近、コーヒー飲み過ぎだなあ。どうしたもんか。

* * *

ちょっとマニアックな話になるが(や、いつだって比較的マニアックなんだけど!)、2009年、Unicode 5.2.0からアヴェスター文字が登録されている。でも、ずぅっと、それに対応するフォントが見つからないので、困ったなあ、と思っていた。そうしたら、ahuramzdaというフォントがあることを発見した(ahuramzda)。

そんなわけで、急ぎ、ファンタジィ事典のゾロアスター教関連の項目を修正しよう、と思い立って作業を進めてみたら、それはそれで困った事態が発生した。

アヴェスター語って、アラビア語やヘブライ語と同じ「右横書き」だ。だけど、どうもunicode上、そういう仕様になっていないらしく、そのまんま文字を入力しても、「左横書き」で表示されてしまう。つまり、本当はabcと打ちたいのに、cbaになっちゃう、みたいな不都合だ。だからって、CSSで書字方向を制御するdirタグでコントロールしよう、と思ってやってみても、最初の仕様上、「左横書き」になっちゃっているので、「右横書き」に設定しても、「左横書き」のまんま、変更されない。

どうしたもんか、と悩んだ末に、直接、文字としてはcbaと打ち込んで、abcと印字させる、という裏ワザに打って出る。うーん。閲覧側としては正しく印字されて見えるけれど、html上は正しくないよなあ。どうしたもんかなあ。個人的にはものすごく気持ちが悪いなあ。

というボクのもやもやした気持ちが伝わるかしら。や、マニアック過ぎて伝わらないよなあ。うぇっへっへ。

2014年3月30日 君はミャンマー語を読めるか!?

そんなわけで、本日、ファンタジィ事典に「ザジャー・ミーン」、「ミーン・マハギリ」、「シュエ・ナベ」を更新。ミャンマーの項目の拡充に努めている今日この頃だ。そのうち、ミャンマー文字が発音できるようになるんじゃないかしら。今は、全ッ然、文字として認識出来ていないからなあ。どうやって発音するのか、さっぱり分からない。

ついでに、言語の話。ボクは、言語って発音できるというレヴェルと、読解できるというレヴェルがあると思っている。文字が発音できる、というのは、まず、言語を知るための第一歩だ、と思う。ボクからすれば、アラビア語なんか、全ッ然、読めない。発音できない。くるくる文字のミャンマー語もそうだ。文字として認識できない。アイルランド語なんかは文字としては認識できても、発音はできない。でも、古代ギリシア語とかラテン語だと、ほとんど文字と発音が一対一対応なので、読みやすい。ロシア語もそう。フランス語は、ちょっと難しい。でも、ルール化されている。英語はイレギュラな発音がたくさんあって、ルール化されていないので、実はかなり難しい。先日も「いいとも」でTyrannosaurusの発音をやっていて、誰も読めなかった。正解は「タイラノソー」。日本じゃ「ティラノサウルス」と読んでしまうけど、暴君を意味するtyrant(タイラント)と同じ、と思えば「タイラノソー」になる……かなあ。難しいなあ。英語は難しい。

そんなわけで、ミャンマー語。これは、まず、文字認識が難しい。見慣れない文字だ、というのもあるんだけど、文字と記号がくっついて、形が変わっちゃう。アラビア語みたいなもんだ。しかも、発音も難しい。ある程度、ルールはあるみたいだけど、文字の組み合わせによって、同じ文字でも発音の仕方が変わっていく。その辺が、結構、複雑だ。

ミャンマー語については、日本じゃ、あんまり教科書的な本もないし、解説してくれるウェブサイトも少ないので、完全に独学というか、切り拓くイメージで読んでいるから、実のところ、正しいのかどうなのか……。せめて、音声発音してくれるウェブサイトみたいなのがあればいいんだけど。でも、まあ、IPAを手掛かりに、細々と頑張っているし、これからも頑張っていこう、と思う。

2014年3月29日 37人のナッの首領たち

久々にミャンマーの妖怪について調べよう、と本格的に英語の本を読み始める。『The Thirty-Seven Nats』という本。休日にヤンゴンの古本屋さんで出会った本だ。

ウェブサイト『ヘタっぴなアルコール蒸留』は「創作と神話を楽しむウェブサイト」なので、ちょっとマニアックだけど、ミャンマーのナッについて、整理している途中の情報を挙げておこう。
※ミャンマー文字はMyanmar3フォントをダウンロードしてください。

Wikipediaで、ミャンマー語の発音の仕方から勉強するわけだけど、例えば、သိကြားမင်းはミャンマーの国際音声記号にすると「ðədʑámɪ́ɴ」ということになる。これをカタカナ化しようと努力すれば、「ザジャー・ミーン」といったところか。今まで、ウェブサイトの情報から「ダジャー・ミン」と書いてきたんだけど、「ð」は「that」の「th」であって、「ザッツ」とカタカナ化することを思えば、「ダ」ではなくって「ザ」だよなあ。それから「ɪ́」も長い音らしいので、長音にしてみた次第。そんなやり方を踏襲しながら、မင်းမဟာဂီရိ(ミーン・マハギリ)、ရွှေနဘေး(シュエ・ナベ)、と次々に項目を追加しようと画策中。「37人のナッの首領たち」なので、こうやって続けていけば、そのうち37項目がアップできるはずだ。

シュエ・ナベはボクのこれまでの雑記の中では新登場……かな。シュエ・ナベはナーガ(大蛇)の娘らしく、大蛇の冠をかぶっている。絵によっては、磯女みたいに、首から下が大蛇、というパターンもある。そして、驚くべきことに、彼女はミーン・マハギリの奥さんらしい。ジャングルに姿を隠していたマウン・ティン・デ(人間のときのミーン・マハギリ)は、ジャングルの中で彼女と出会って、恋をしたらしい。そして双子の息子をもうけたようだ。

多分、これって、後づけの神話なのだと思う。古くからあったナーガ信仰と女神の神話を、次第に勢力が大きくなってきたミーン・マハギリの神話とくっつけたんだと思う。こうやって、ミーン・マハギリの奥さん、というポジションについたことで、シュエ・ナベは「37人のナッの首領たち」のメンバに仲間入りだ。

彼女の双子の息子たちであるတောင်မကြီး(タウンマジ)とမောင်မင်းရှင်(マウン・ミーン・シン)も、「37人のナッの首領たち」のメンバになっている。この双子の兄弟は、ピューの徴税官として、それぞれ南北を司っていた。けれども、あまりに強力なので、時の王に恐れられ、殺し合いのボクシングを命じられる。その結果、相討ちとなって両者ともに死んでしまい、その後、悪霊ナッになったという。

彼らは6本腕で、このフォルム自体は、おそらく、ヒンドゥー教の影響を受けている。この双子の兄弟も、ミーン・マハギリやシュエ・ナベとは無関係にピューで崇拝されていたナッなのであって、ミーン・マハギリのファミリィになることで、公式のパンテオンに統合されていったのだろうと思われる。

そんなわけで、段々とミャンマーの妖怪について、整理出来てきているかな、と思っている。文献が英語なので、ちょっと苦しいよなあ(笑)。

2014年3月3日 「ケルベロス」って英語じゃ「サーベラス」!?

世間はひなまつり。コンビビもスーパ・マーケットもデパートの地下も桜餅ばっかりが並ぶ。ボクは桜餅、大好きだけど、こんなに桜餅ゴリ押しで来られると、ちょっと引く。うーん。

* * *

ギリシア・ローマ神話の「キュクロープス」って、英語では「Cyclops(サイクロプス)」と発音する。もしかしたらゲームや小説なんかでは「キュクロープス」よりも「サイクロプス」という表現の方が多いので、「サイクロプス」という表現の方が有名かもしれない。

今日もたまたま、辞書を調べていたら、「ケルベロス」って、英語では「Cerberus(サーベラス)」って発音するらしい。プチ衝撃の事実ってヤツだ。ビックリした。外国の人に突然、「サーベラス」って言われても、きっとボクはピン、と来ないだろう。

「ケンタウロス」も「Centaur(セントール)」だからなあ。ナルニア国物語で「セントール」って呼ばれていて、子供の頃、戸惑ったのを覚えている。

そんなわけで、英語発音と原語発音は全ッ然、違うのだなあ。その辺も、しっかりフォローしていこう。うむ。