テティス

[ギリシア・ローマ神話]

名称Θέτις(テティス)【古代ギリシア語】
容姿非常に美しい女神。
特徴海の女神。温厚。アキレウスの母親となる。
出典ホメーロス『イーリアス』ほか

ギリシア・ローマ神話には珍しい温厚な女神!?

テティスはギリシア・ローマ神話に登場する海の女神。彼女は海神ネーレウス(Νηρεύςとドーリス(Δωρίς)の間に生まれたたくさんの娘たちの一人で、非常に美しい女神だったとされる。ギリシア・ローマ神話の神々は、往々にして自分勝手で横暴で、残酷だったりするが、このテティスだけは非常に温厚な女神として描かれている。鍛冶神ヘーパイストス(Ἥφαιστοςは、その醜さから生まれた途端に母親である女神ヘーラー(Ήραから捨てられ、天界からレームノス島へ投げ落とされたときには、このヘーパイストスを介抱し、育てたのはテティスである。また、まだ幼かったディオニューソス(Διόνυσοςが、トラーキアのリュクールゴス王に迫害され、逃げてきたのを匿ったのもテティスであった(ディオニューソスの宗教は酒を飲んで乱痴気騒ぎをする異端なものだったため、当時、あちこちで迫害されたわけだが、その最初の迫害者はリュクルーゴスだったとされている)。

テティスがあまりに美しい女神であったために、大神ゼウス(Ζεύςと海神ポセイドーン(Ποσειδῶνという二大巨頭が妻にしたいと望んだというが、掟の女神テミス(Θέμις)が「テティスの生んだ子供は父親を凌駕する」と予言したことから、諦めたとされる。そこで、ゼウスはテティスを人間と結婚させることとし、ペーレウスという人間が選ばれた。テティスとペーレウスの結婚式にはすべての神々が出席して祝ったが、ただ一人、不和の女神エリス(Ἒρις)だけは招かれなかった。このことに腹を立てたエリスは、宴の場の真ん中に「最も美しい女神に」と記した黄金の林檎を投げ入れた。これを見たヘーラー、アテーナー(Ἀθηνᾶアプロディーテー(Ἀφροδίτηの三女神たちは、その林檎は自分のものだと争いを始め、この争いがやがて神々や人間界をも巻き込むトロイア戦争の原因になった。ちなみにこの宴の主賓はテティスのはずなのに、女神たちは彼女そっちのけである。

テティスはペーレウスとの間に英雄アキレウスを生んだ。神話の中で、テティスは常にアキレウスのことを心配する存在として描かれる。アキレウスを不死の身体にするために、冥府を流れるステュクス河の水に息子を浸した。しかし、踵(かかと)を掴んでいたために、そこだけは水がかからず、そこがアキレウスの唯一の弱点となった。また、戦争に参加すると死ぬという予言の成就を回避するために、トロイア戦争に参加しないように息子に忠告したり、戦地に赴く息子のために、ヘーパイストスに頼んで鎧を作らせたりしている。結局、これらの願いも空しく、アキレウスは踵を射られて命を落とす。