ニュクス

[ギリシア・ローマ神話]

名称 Νύξ(ニュクス)《夜》【古代ギリシア語】
特徴夜の女神。エレボス(闇)とは兄弟で夫。エレボスとの間にヘーメラー(昼)とアイテール(光)を産んだ。その他、死や眠り、不和などの不吉な概念を次々と産み出した。
出典ヘーシオドス『テオゴニアー』(紀元前7世紀)ほか

「穴っぽこ」から生まれた夜の女神!?

ニュクスはギリシア・ローマ神話に登場する夜の女神である。原初神であるカオス(穴っぽこ)、ガイア(地)、タルタロス(奈落)、エロース(性愛)などの神々と同世代の古い神々である。

ヘーシオドスが『テオゴニアー』の中で語った創世神話によれば、この世界に最初に生まれたのはカオス(穴っぽこ)である。そして、その「穴っぽこ」の中にガイア(地)やタルタロス(奈落)とエロース(性愛)などの神々が生まれていった。ガイアは我々が住むこの大地。タルタロスは「穴っぽこ」の底に下降していった。エロースが原初に生まれているのは、これからさまざまな神々が生まれるためには、愛の結びつきが必要だからである。ガイアは単独でウーラノス(天)などを産むと、彼を伴侶にして、次々と神々を産み出していった。

夜と闇からは昼と光が生まれる!?

こうして、さまざまな神々が誕生して、この世界が出来上がっていく中で、カオスは二人の神々を産んでいる。ニュクス(夜)とエレボス(闇)である。「穴っぽこ」から生まれるには相応しい神々である。そして、ニュクスはエレボスを伴侶にして、ヘーメラー(昼)とアイテール(光)を産んだ。夜と闇から逆説的に昼と光が誕生して、ようやく真っ暗だった世界は明るくなるのである。また、地獄の渡し守であるカローンもニュクスとエレボスの子とされる。

ニュクス(夜)とヘーメラー(昼)は対になっていて、西方の世界の館を共有している。ニュクスが世界を巡って夜をもたらしている間はヘーメラーがこの館に待機していて、ヘーメラーが世界を巡って昼をもたらしている間はニュクスがこの館に待機している。二人がともに館にいるのは、昼と夜の境目の一瞬だけである。

夜から生まれたさまざまな不吉な概念たち!?

そのほかにも、ニュクスは単独で多数の不吉な神々を産んでいる。モロス(定業)、ケール(命運)、タナトス(死)、ヒュプノス(眠り)、オネイロス族(夢)、モーモス(非難)、オイジュス(苦悩)、ネメシス(復讐)、アパテー(欺瞞)、ピロテース(愛欲)、ゲラース(老い)、エリス(争い、不和)、アーテー(迷妄)などである。また、モイラ族(運命)もニュクスの娘であるという。

ゼウスも遠慮する老女神!?

ちなみに、ヘーラーはヒュプノス(眠り)に命じてゼウスを眠らせたことがあった。そしてゼウスが眠っている間に英雄ヘーラクレースの船を風で吹き飛ばしてしまった。目を覚ましたゼウスは烈火のように怒ったが、ヒュプノスがニュクスの息子であることから、手を出すのを控えた。神話の中では、ニュクスはゼウスにさえ恐れられて尊ばれている。しかし、実際には彼女に対する崇拝の痕跡はない。

《参考文献》