エレボス

[ギリシア・ローマ神話]

名称 Ἔρεβος(エレボス)《暗闇》【古代ギリシア語】
特徴暗黒の神さま。原初神。カオス(穴っぽこ)の息子。ニュクス(夜)との間にヘーメラー(昼)とアイテール(光)を産んだ。
出典ヘーシオドス『テオゴニアー』(紀元前7世紀)ほか

地下の暗闇の神さま!?

エレボスはギリシア・ローマ神話に登場する暗闇の神さまである。原初神であるカオス(穴っぽこ)、ガイア(地)、タルタロス(奈落)、エロース(性愛)などの神々と同世代の古い神々である。

ヘーシオドスが『テオゴニアー』の中で語った創世神話によれば、この世界に最初に生まれたのはカオス(穴っぽこ)である。そして、その「穴っぽこ」の中にガイア(地)やタルタロス(奈落)とエロース(性愛)などの神々が生まれていった。ガイアは我々が住むこの大地。タルタロスは「穴っぽこ」の底に下降していった。エロースが原初に生まれているのは、これからさまざまな神々が生まれるためには、愛の結びつきが必要だからである。ガイアは単独でウーラノス(天)などを産むと、彼を伴侶にして、次々と神々を産み出していった。

夜と闇からは昼と光が生まれる!?

こうして、さまざまな神々が誕生して、この世界が出来上がっていく中で、カオスは二人の神々を産んでいる。ニュクス(夜)とエレボス(闇)である。「穴っぽこ」から生まれるには相応しい神々である。そして、エレボスはニュクスを伴侶にして、ヘーメラー(昼)とアイテール(光)を儲けた。夜と闇から逆説的に昼と光が誕生して、ようやく真っ暗だった世界は明るくなるのである。また、地獄の渡し守であるカローンもニュクスとエレボスの子とされる。

エレボス(闇)とアイテール(光)で対になっていて、それぞれ地下の暗闇と天上の光明を象徴している。

《参考文献》