デルピュネー

[ギリシア・ローマ神話]

名称 Δελφύνη(デルピュネー)【古代ギリシア語】
容姿上半身は女性、下半身は蛇。
特徴テューポーンが奪ったゼウスの腱を守護していた。また、古い時代にはデルポイの信託所を支配していたとも。
出典アポッロドーロス『ビブリオテーケー』ほか

奪われたゼウスの手足の腱の番人!?

デルピュネーはギリシア・ローマ神話に登場する女性の怪物。上半身は美しい人間の姿をしているが、下半身は蛇の姿をしている。

ギリシア神話で最強の怪物テューポーン(Τυφῶνがオリュムポスに攻めてきて、神々はみんな、エジプトに逃げ出してしまった。大神ゼウス(Ζεύςは単独でテューポーンに立ち向かうが、遂には手足の腱を切り取って奪われてしまった。テューポーンはゼウスの腱を熊の皮でつくった袋にしまうと、パルナッソス山の斜面にあるコーリュキオンの洞窟に隠した。この洞窟でゼウスの腱の番をしていたのが、デルピュネーである。

神話では、ヘルメース(Ἑρμῆςパーン(Πάνが腱を取り戻し、復活したゼウスは再度、テューポーンと戦い、テューポーンを打ち倒したという。ヘルメースとパーンがどのようにデルピュネーからゼウスの腱を取り戻したのかは、神話は語ってくれないが、ヘルメースのことだから、うまく忍び込んで盗み出したか、口車に乗せてうまく騙し取ったのだろう。

その昔、実は彼女がデルポイの信託所の支配者だった!?

もうひとつのデルピュネーに関する神話は、デルポイの信託所にまつわるものである。デルポイにある信託所を巡って、アポッローン(Ἀπόλλωνピュートーン(Πύθωνを退治したという有名な神話があるが、元々、この信託所を支配していたのはデルピュネーだったという。その古い伝承では、デルピュネーはガイア(Γαῖα)からデルポイの信託所を任されていたという。そして、デルピュネーは、予言をする代わりに生け贄を要求していたという。このため、アポッローンによって退治され、これ以降、アポッローンがデルポイの信託所の所有者になったというのである。この古い伝承が正しければ、デルピュネーは本来、デルポイの信託所を守護する女神だったということになる。となると、「デルポイ(Δελφοί)」という地名も、彼女の名前に由来すると考えることもできる。

テューポーンと結婚してさまざまな怪物を産み出したエキドナ(Ἔχιδναも、上半身は女性、下半身は蛇という姿をしていて、デルピュネーの姿とそっくりである。タッグを組んでゼウスに対抗している点でも共通しているため、元々は同じものだったと考える人もいるようだ。

《参考文献》