シェーシャ

[ヴェーダ・ヒンドゥー神話]

名称शेष〔Śeṣa〕(シェーシャ)【サンスクリット】
容姿1,000個の頭を持つ巨大なコブラ。
特徴世界の最下層に棲み、この世界を支えている。欠伸によって地震を生じさせる。
出典『マハーバーラタ』ほか

1,000の頭で世界を支える竜王!?

シェーシャはインド神話に登場する1,000の頭を持つ巨大なナーガで、しばしば原初竜のアナンタと同一視される。

インド神話の世界観では、世界には7層の地下世界が広がっているが、シェーシャはその地下世界よりもさらに下に棲んでいて、1,000個の頭でこの大地を支えているという。

シェーシャはナーガたちの母親であるカドルーの1,000匹の息子たちの長兄で、兄弟たちと別れて断食をするなど激しい苦行を行っていたという。シェーシャの苦行によって熱が発生し、生き物たちが苦しんだ。そこでブラフマーは彼に何故苦行しているのかを尋ねた。すると、シェーシャは兄弟たちがガルダを憎んでいることに嫌気が差したので、肉体を捨てたいと答えた。ブラフマーは満足し、当時はまだ不安定だった大地を支えるように言った。そこでシェーシャは地底へ行って大地をぐるりと取り巻くと、頭で大地を支えた。時々、地震が起こるのは、シェーシャが欠伸(あくび)しているからなのだという。