アナンタ

[ヴェーダ・ヒンドゥー神話]

名称अनन्त〔Ananta〕(アナンタ)《無限》【サンスクリット】
容姿1,000個の頭を持つコブラ。
特徴世界の始まりにヴィシュヌ神を乗せて、原初の海を漂っていた。

ヴィシュヌ神を乗せる原初の大蛇!?

アナンタはインド神話に登場するナーガラージャ(ナーガの王)の一人。アナンタには《無限》という意味がある。1,000個の頭を持つコブラの姿で想像される。ヴィシュヌ派の創世神話によれば、宇宙ができる前、この世界には原初の海があり、ヴィシュヌ神がアナンタと呼ばれるナーガの上に横になって眠っていたという。こうしてヴィシュヌが瞑想することで、ヴィシュヌ神の臍(へそ)からブラフマーが生まれ、ヴィシュヌ神の額からシヴァ神が生まれ、ブラフマーによってこの世界は創造されたというのである。アナンタはヴィシュヌ神の上に頭を翳(かざ)し、船としてだけでなく彼の日避けの役割も果たしていたという。そして、再び世界が終わるときにも、ヴィシュヌ神は次の再生までの間、アナンタの背の上で眠るのだという。

《参考文献》