ウィツィロポチトリ

[アステカ神話]

名称Huītzilōpōchtli(ウィーツィローポーチトリ)【ナワトル語】
容姿ハチドリの頭飾りをつけた戦士。
特徴メシカ(アステカ)族の部族神。軍神で狩猟神、太陽神。

アステカを守護する国家神!?

ウィツィロポチトリはアステカを築いたメシカ族の間で信仰されていた部族神で、戦いを勝利に導く軍神であった。また、狩猟神、さらには太陽神でもあった。彼はアステカが版図を広げていく中で、次第にアステカを守護する国家神になっていった。その姿はハチドリをかたどった頭飾りをつけた戦士の姿で表される。

完全武装で誕生したウィツィロポチトリ!?

ウィツィロポチトリは大地の女神コアトリクエから誕生したが、その出産は不思議である。女神コアトリクェは女神コヨルシャウキと400人の息子たち(センツォンウィツナワ。《南の400》という意味)をもうけていた。あるとき、コアトリクエはがアテペック(蛇の丘)の頂上にある神殿にいると、天空から羽毛の球が降って来た。これを抱き締めると、彼女は身籠った。これがウィツィロポチトリである。

コヨルシャウキは父なし子を快く思わず、400人の兄弟たちと共謀して、母親もろとも殺そうと企てる。それをお腹の中で察知したウィツィロポチトリは完全武装して誕生し、投げ槍「シウコアトル(火の蛇)」でコヨルシャウキの首を刎ね、その身体は丘を転げ落ち、転がるたびに手や足はばらばらになったという。それから、400人の兄弟たちを一人残らず惨殺し、粉々に砕いたという。

太陽と月、そして星になった神々!?

ウィツィロポチトリは太陽、コヨルシャウキが月、センツォンウィツナワが星々とする説がよく知られている。400人の兄弟たちはウィツィロポチトリに砕かれ、天空に播かれて星となり、コヨルシャウキは月になったという。コヨルシャウキの身体がばらばらになって丘を転げ落ちるのは、月の相が変化していく様子を表現しているというのである。

上記の説は異論も多いが、非常に印象的な説であるため、一般に広く知られている。

ウィツィロポチトリは東より現れ、夜の星々を打ち負かし、西の空で力尽き、再び東の空に誕生する。アステカ人はこの神が負けて朝が来なくなることを恐れ、生け贄として人間の心臓を捧げ続け、世界の維持と陽光の恵みを祈ったという。

神の啓示によって建設されたテノチティトラン!?

ウィツィロポチトリはアステカの部族神として、最も篤く信仰されたが、アステカの首都となったテノチティトラン(現在のメキシコシティ)の建設もウィツィロポチトリの神託によるものである。

12世紀頃より、他の部族と遅れてメキシコ盆地にやってきたメシカ族はテスココ湖の湖畔に定住するようにりなった。やがて、石の上に生えたサボテンに鷲がとまっているのを見て、ここに町を建設すべきと判断し、テスココ湖の小島にテノチティトランを建設した。これは神官が「新しく都を築くべき地は、鷲がサボテンにとまっている地である」と予言していたからである。そこで、沼沢地の干拓から開始し、1325年に首都テノチティトランを建設した。

この出来事に由来して、メキシコの国旗や国章にはサボテンの上に鷲がとまった図が描かれている。

「青のテスカトリポカ」!?

ちなみにウィツィロポチトリには別の誕生エピソードもある。アステカ神話の創世神話では、原初には老夫婦トナカテクトリとトナカシワトル(すなわちオメテオトル)が存在し、彼らから4人の神さまが誕生したと説明される。その4人の神は「黒のテスカトリポカ」(テスカトリポカ)、「赤のテスカトリポカ」(カマシュトリ、あるいはシペ・トテク)、ウィツィロポチトリ、ケツァルコアトルで、しばしばウィツィロポチトリは「青のテスカトリポカ」と解釈されている。本来は黒、赤、青、白の四色の神さまだったと想像されるが、歴史を経る中で主要な神さまで置き換えられていく間に、現在、知られている形に納まったのだろう。