オメテオトル

[アステカ神話]

名称 Ōmeteōtl(オーメテオートル)《二面性の神》【古代ナワトル語】
 Ōmetecuhtli(オーメテクトリ)《二面性の主》【古代ナワトル語】
 Ōmecihuātl(オーメシワートル)《二面性の女王》【古代ナワトル語】
 Tōnacatecuhtli(トーナカテクトリ)【古代ナワトル語】
 Tōnacacihuātl(トーナカシワートル)【古代ナワトル語】
容姿年老いた神。両性具有。あるいは男女二対の神。
特徴原初神。対立する二項を内包する神。神々の祖。テスカトリポカやケツァルコアトルなどを生んだ。

アステカの二元論を象徴する原初神!?

オメテオトルはアステカ神話の原初神で、世界の最上層にあるというオメヨカンに住んでいる。オメテオトルは《両面性の神》という意味で、男女両方の性別を併せ持った両性具有の神さまで、その他にも光と闇、死と死、静と動、秩序と混乱など、対になる相反するものを内包した神さまである。非常に抽象的で分かりにくい神さまではあるが、本来、古代アステカでは、創造は二者の対立や衝突の結果として起こると考えられていたらしい。そういう意味では、オメテオトルはまさにこのアステカの二元論を象徴した神さまと言える。

しかしながら、対立する2つの項目を内包する両性具有の神さまというのは難解で想像しにくいためか、絵文書では男女一組の神さまとして表現されることの方が多い。この場合、男性的な側面はオメテクトル(あるいはトナカテクトリ)、女性的な側面はオメシワトル(あるいはトナカシワトル)と呼ばれるが、いずれも年老いた神さまとして描かれる。この年老いた男女の創造神もオメヨカンに住んでいるとされる。

4人の子供たちが大地の四隅を支える!?

原初神のトナカテクトリとトナカシワトル(すなわちオメテオトル)には4人の子供がいる。4人の名前はいろいろなヴァージョンがあるが、よく知られているのは「黒のテスカトリポカ」(テスカトリポカ)、「赤のテスカトリポカ」(カマシュトリ、あるいはシペ・トテク)、ウィツィロポチトリ、ケツァルコアトルで、おそらく、本来は黒、赤、青、色の四色の神さまだったと想像されるが、歴史を経る中で主要な神さまで置き換えられていく間に、現在、知られている形に納まったのだろう。

いずれにしても、オメテオトルはテスカトリポカやケツァルコアトルなどの主要な神々を生み出し、その後、創造を子供たちに譲り、神話の表舞台から消える。その後、アステカ神話はテスカトリポカとケツァルコアトルの2人の神さまの対立を軸に世界の創造と破壊が繰り返されていくことになる。