アフラ・マズダー

[ゾロアスター教]

名称 Ahura Mazdā(アフラ・マズダー)《知恵ある神》〔アヴェスター語〕
Ohrmazd(オフルマズド)〔パフラヴィー語〕
容姿有翼光輪を背にした男性の姿をした神。
特徴ゾロアスター教の最高神。善神。悪神であるアンラ・マンユと敵対している。
出典『アヴェスター』ほか

完全世界を目指し善を率いるゾロアスター教の最高神

アフラ・マズダーはゾロアスター教の最高神である。一応、ゾロアスター教では唯一神という形式を採っているため、神と呼ぶべきなのは、このアフラ・マズダーだけであるが、実質、アムシャ・スプンタという6人の上級神、ヤザタという下位の神々、そしてフラワシという守護霊が存在する。

ゾロアスター教の世界観では、この世界は「善」と「悪」が対立する世界である。この世の始まりのときに、創造神である善霊(スプンタ・マンユ)は、もうひとりの創造神である悪霊(アンラ・マンユ)と出会ったという。スプンタ・マンユは「善」を選択し、アンラ・マンユは「悪」を選択し、それぞれ、自分の選択した原理に従って世界の創造を開始したのである。アフラ・マズダーを筆頭に善神たちは光の世界を創造するが、アンラ・マンユはそれに対抗して、冬や病気、悪などの16の災厄を創造した。大地を砂漠にし、海を塩水にし、植物を枯らし、動物を殺し、この世界を衰退させようとする。アフラ・マズダーはこれに対抗し、不断の努力で衰退や邪悪を退け、世界を浄化していく。そして最終的には善の勢力が勝利し、この世界は完璧な世界になるのである。

宗教画としては有翼光輪を背にした男性の姿で描かれる。

ちなみにアフラ・マズダーの起源は古代アーリア人たちが崇拝していた最高神ヴァルナにある。ヴァルナは司法神でもあり、世界の秩序を護るために世界を見張る神だったが、ザラスシュトラ(ゾロアスター)によって倫理的・教義的な側面を強化され、アフラ・マズダーに昇華させられたと考えられている。ちなみにイランで言う「アフラ」の語はインドではアスラと呼ばれ、水神ヴァルナの眷属となり、時代が降るにつれて悪魔的な存在として位置づけられた。

《参考文献》