ヤザタ

[ゾロアスター教]

名称 𐬀𐬙𐬀𐬰𐬀𐬫〔Yazata〕(ヤザタ)《崇拝されるに値するもの》【アヴェスター語】※
Yazd(ヤズド)【パフラヴィー語】
(※アヴェスター文字はAhuramzdaフォントをダウンロードしてください)
(※ただし、アヴェスター語の書字方向はヘブライ語やアラビア語と同じ「右横書き」です。ウェブ上の見た目を優先し、html上の文字は入れ替えているのでご注意ください)
特徴下位の神々。

ゾロアスター教の下位の神々

ヤザタはゾロアスター教の神話に登場する下位の神々の総称である。ゾロアスター教は一応はアフラ・マズダーを唯一神とする一神教を体制を採っているが、実質、六柱の上位の神々アムシャ・スプンタと下位の神々ヤザタとが存在する。ゾロアスター教以前の古いアーリア人たちの宗教を色濃く残しているのがヤザタで、火の精霊アータルや水の精霊アナーヒターなど、おそらくは古い時代の自然崇拝をゾロアスター教がヤザタという枠で採り込んだものである。アフラ・マズダーはアムシャ・スプンタを創造した後、次いでヤザタを創造したという。