レヴィアタン/リヴァイアサン

[ユダヤ・キリスト教]

名称לִוְיָתָן(リヴァヤタン)【ヘブライ語】
Leviathan(リヴァイアサン)【英語】
容姿古くは巨大な魚。現代では海蛇、あるいはドラゴン。硬い鱗に覆われている。
特徴天地創造の5日目に創造された怪物。口から炎を、鼻から煙を吐く。殖えないために雄は殺された。終末のときの食べ物になる。
出典『ヨブ記』『詩篇』『イザヤ書』ほか

旧約聖書に登場する海の怪物!?

レヴィアタンは旧約聖書の『ヨブ記』や『詩篇』、『イザヤ書』などにその名前が登場する海の怪物である。英語ではリヴァイアサンと呼ばれている。

神さま(ヤハウェ)が天地創造の5日目にベヒモスやジズとともに創造したとされる。レヴィアタンが海に棲み、ベヒモスが陸、ジズが空に棲むという。古い時代の絵などでは巨大な魚の怪物として描かれることが多いが、現代ではヘビやドラゴンのように描かれている。非常に巨大で、身体は硬い鱗に覆われ、口からは炎を、鼻からは煙を吐き出すという。ユダヤの伝承では、神さまはレヴィアタンを番い(つがい)で創造し、海の生き物たちの王としたが、彼らから子供が生まれて殖えると危険だと判断して、雄だけは殺したという。終末のときには、ベヒモスとともに、義人たちの食べ物として提供されることになっている。

後代になると、別の海の怪物ラハブと同一視されるようになり、悪魔と看做されるようになった。アダムを誘惑した蛇もレヴィアタンとする説まである。七つの大罪の「嫉妬」を司る悪魔とされる。また、コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』では、地獄の海軍大提督を務めていて、ヨーハン・ヴァイヤーが最大の嘘つきと称したと説明されている。

なお、フランスのローヌ河で灼熱の糞を撒き散らして暴れまわった怪物タラスクは、レヴィアタンと牛の怪物ボナコン(これも灼熱の糞を撒き散らす!)が交わって誕生したという伝説がある。

《参考文献》