ベヒモス

[ユダヤ・キリスト教]

名称בְהֵמוֹת〔behemoth〕(ベヘモト)【ヘブライ語】
Behemoth(ベヒモス)【英語】
容姿巨大な獣。ゾウ、カバ、あるいはウシ。杉の木のような尾、銅や鉄のような骨。非常に巨大。
特徴天地創造の5日目に創造された怪物。陸地に棲む。終末のときの食べ物になる。
出典『ヨブ記』ほか

陸地に棲まう巨大な獣!?

ベヒモスは旧約聖書の『ヨブ記』などにその名前が登場する巨大な獣で、神さま(ヤハウェ)は天地創造の5日目にレヴァイアタンやジズとともに創造したとされる。ベヒモスが陸に棲み、レヴィアタンが海、ジズが空に棲むという。古い時代の絵などでは、ゾウやカバなどをモデルにした絵で描かれるが、しばしばウシの姿でも描かれる。『ヨブ記』によれば、杉のような尾、骨は銅や鉄のように強く、一日に千の山の草を食べるほどの食欲を持つなどと説明される。しかし、性格は温厚だったという。ベヒモスも元々は海に棲んでいたという話もある。しかし、両方とも巨大過ぎるため、海の水が溢れてしまうため、ベヒモスは陸地に棲むようになったとされる。終末が来ると、レヴィアタンとともに、義人たちの食べ物として提供されることになっている。

アラビア語に転訛してバハムートになったが、これは巨大な魚の怪物である。これは対になっているレヴィアタンのイメージと混同されたものと考えられ、イスラームでは独自の発展を遂げた。

《参考文献》