ケイローン

[ギリシア・ローマ神話]

名称Χείρων〔Kheirōn〕(ケイローン)【古代ギリシア語】
容姿上半身が人間、下半身が馬の姿。
特徴クロノス神とピリュラーの子。賢人として知られ、多くの英雄を養育している。ケンタウロス族を率いている。誤ってヘーラクレースの毒矢を受けて死に、死後、射手座になった。
出典アポッロドーロス『ビブリオテーケー』ほか

幾多の英雄を輩出した師匠!?

ケイローンはギリシア・ローマ神話に登場する半人半馬の賢者。ゼウスの父親であるクロノスが、妻レアーの目を盗んで菩提樹の精霊ニュムペーのピリュラーとの間に生んだ子供。レアーの目を逃れるために、馬の姿に変身して交わったため、生まれてきた子供は半人半馬のケンタウロスの姿になってしまった。クロノスの子供なので、ケイローンはゼウスやポセイドーンハーデースとは腹違いの兄弟ということになる。

一般に、ケンタウロス族と言えば、野蛮で粗暴な種族として知られるが、ケイローンは出自が異なるため、例外的な存在で、アポッローンから音楽や医学、予言の技術を、アルテミスから狩猟の技術を学ぶなど、優れた知恵者だった。ケイローンはテッサリアのペーリオン山の洞窟に住んでいたが、彼の元にはさまざまな子供たちが預けられ、ケイローンは彼らを養育し、アキレウスやイアーソーンなどの英雄や、名医アスクレーピオスなどを輩出している。また、ヘーラクレースなどもケイローンの元を訪れて、武術や馬術などを学んでいる。まさにケイローンはギリシア・ローマ神話における賢人である。

ケンタウロス族を率いる賢人、毒矢に倒れる!?

賢人ケイローンはテッサリアでほかのケンタウロス族を率いて暮らしていた。あるとき、ラピテース族の王ペイリトオスの婚礼の儀にケンタウロス族が招待されたときに、ケンタウロス族は初めて飲んだワインに酔っ払って、花嫁をさらうなどの狼藉を働いて婚礼の儀をめちゃくちゃにした。これが原因でケンタウロス族はラピテース族と戦争になり、結局、多くのケンタウロス族が殺され、一部のケンタウロス族はテッサリアの地を追われ、アルカディアに逃げたという。このとき、ケイローンも一部のケンタウロス族とともに、アルカディアに逃げている。

アルカディアに居を移したケイローンは、英雄ヘーラクレースの毒矢によって死ぬことになる。ヘーラクレースが12の難業の4番目として、エリュマントス山に棲む人喰い猪の生け捕りをしたときに、ヘーラクレースはケンタウロス族のポロスに助けを求めていた。ポロスはケンタウロス族の共有の酒を預かっていたが、ヘーラクレースがこの酒を飲んだことによって、ヘーラクレースはケンタウロス族と対立することになる。そして、ヘーラクレースが襲い来るケンタウロス族に放った矢が、誤ってケイローンの膝に命中してしまった。クロノスから生まれたケイローンは半神だったので、不死の能力を持っていたが、あまりの毒の苦しみに耐えきれず、最終的には不死を譲渡して死ぬことを選択した。ゼウスはケイローンの死を惜しみ、射手座にしたという。