ワイヴァーン

[イギリス伝承][中世ヨーロッパ伝承][紋章学]

名称 Wyvern,Wivern(ワイヴァーン)【英語】
Wyver,Wyvre,Wiver,Wivre(ウィヴァー)【古英語】
容姿鷲のような2本の前脚と蝙蝠のような翼をつけた竜。尾は銛のように尖っている。
特徴空を飛ぶ。現代のファンタジー小説やゲームなどでは、尻尾に毒針を持つものもいる。

翼で大空を飛翔する2本脚のドラゴン!?

ワイヴァーンは中世ヨーロッパの紋章や図版などに登場するドラゴン(Dragon)の仲間。2本脚で翼を持ち、空を飛ぶ。日本ではしばしば「飛竜」などと訳される。近年のワイヴァーンは翼をはやしたドラゴンのような怪物としてイメージされていて、ドラゴンほど大型ではないものの、肩からはえた巨大な翼で雄大に空を飛ぶ強力なモンスターとして描かれる。ドラゴンとの明確な違いはその脚の数で、ドラゴンが一般的には四足獣の怪物としてイメージされているのに対して、ワイヴァーンは2本の脚しか持たないのが一般的である。

でも、中世ヨーロッパで描かれるワイヴァーンの図版を眺めると、若干、現在の雄大な怪物ワイヴァーンとは異なる印象を持つかもしれない。何しろ、中世ヨーロッパのワイヴァーンは、基本的にはヘビのような体型のモンスターで、細長い身体に獣のような頭、鷲(わし)のような脚、蝙蝠(こうもり)のような翼を持つ怪物として描かれている。長い尾の先端は銛(もり)のような形をしていて尖っている。決して大型のモンスターとしては想像されていなかったのではないかと思う。どちらかと言えばそのシルエットは「鳥類」を彷彿させる。ヘビのような細い身体も相俟って、非常にスレンダーで華奢(きゃしゃ)な印象を与える。

紋章学とワイヴァーン

ワイヴァーンは中世ヨーロッパの紋章の題材のひとつとして、図版の上で発展したものなので、他の怪物たちのように特別な神話や伝承を持つわけではない。もともとドラゴンの紋章というのは古くからあって、そこから派生して、脚の数が2本のワイヴァーンのような図版が考案されたのだろう。イングランドやフランスの紋章の中に多数のワイヴァーンの図版を見ることができる。

実のところ、ドラゴンとワイヴァーンには明確な線引きがあるわけではない。そもそもドラゴンは脚のないヘビのようなワーム型のドラゴンから、首がたくさんあるもの、犬のような獣の頭がついているもの、複数の脚が生えているものなど、さまざまなものがいて、ワイヴァーンもそんなドラゴンのひとつの形態と考えることもできるだろう。実際、イギリス以外の国では、ドラゴンとワイヴァーンは明確には区別されてはいない。

とはいえ、翼をはやしたドラゴンが2本脚で描かれることが多かったのは事実で、おそらく、これは鳥からの連想なのだろう。さまざまなドラゴンの中で、飛ぶことに主眼を置いて鳥のようなシルエットに近づいていったものがワイヴァーンと呼ばれるようになっていったのだと考えられる。

紋章学では、ドラゴンは「敵意」を象徴しているとされ、このことから、ワイヴァーンは非常に獰猛な怪物として想像されている。

ドラゴンがイギリス王室の紋章に選ばれて以降、イギリス以外の国はともかくとして、イギリス王室では4本脚のドラゴンと2本脚のワイヴァーンとは明確に区別されるようになった。

ワーム伝承とワイヴァーン

イギリス各地には、古くから「ワーム伝承」が残されている。ワーム(Wurm)は手も足もない大蛇のようなモンスターで、水辺や沼地、井戸などを根城にして、口から毒の液を垂れ流しては水を汚し、近隣の村などから乙女などを誘拐したり、村に降りてきては田畑を荒らしまわるというもので、その身体は切っても切っても再びくっつき、その身体で退治にやってきた英雄たちを絞め殺そうとするのである。このような怪物ワームは、伝承の中では完全な悪役として振る舞い、英雄たちに退治される運命にある。

時代が経つにつれ、このワームは手足を生やしたり、翼を持ったりして、次第に一般的なドラゴンのイメージになっていき、ドラゴンと同一視されるようになってしまう。ワームが4本脚のドラゴンに変遷していく中、図版の中で2本脚のワイヴァーンが生まれるようになったのは必然と言える。

ラテン語のウィーペラとフランスの怪物ヴイーヴル

ワイヴァーンは16世紀頃まではウィヴァー(Wyvre)と呼ばれていた。その語源は《毒蛇,マムシ》を意味するラテン語のvipera(ウィーペラ)に由来する。あるいはフランスの怪物ヴイーヴル(Vouivre)が英語圏に入って転訛したものがWyver(ウィヴァー)およびWyvern(ワイヴァーン)になったとされている。ヴイーヴルという怪物も、蝙蝠のような翼を持つフランスの毒蛇の怪物である。

いずれにしても、フランスの怪物ヴイーヴルも、語源はラテン語のvipera(ウィーペラ)なので、ワイヴァーンの語源はvipera(ウィーペラ)にある。古英語のwyvreには《マムシ》という意味もあったようで、実際、マムシの意味で用いられている場合もある。

ちなみに、現在の英語で、《マムシ》はviper(ヴァイパー)。ラテン語のvipreraが語源になっている。

近年のゲームやファンタジィ小説でのワイヴァーンの描かれ方

テーブルトークRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』に登場するワイヴァーンの尾には毒があり、これで敵を刺すという。これは、おそらく中世ヨーロッパのワイヴァーンの図版の尾が銛状になっていることからの連想だろう。多くのファンタジー小説やゲームでも、この『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の設定を踏襲しているようで、しばしば尾に毒針を持ったワイヴァーンというのが登場する。

また、ドラゴンの真骨頂といえば炎のブレスを吐くことだが、これに対してワイヴァーンはブレスを吐かないという設定がある場合も多い。これは複数のモンスターを能力ごとに差異化していくゲーム特有の文化の影響で、ブレスの有無によってドラゴンとワイヴァーンを区別するのである。ドラゴンとは異なり知能が低いという描かれ方をする場合も多いようである。

近年ではワイヴァーンを騎乗用の怪物として利用する作品もある。スクウェア社の『ファイナル・ファンタジーⅤ』の世界では、タイクーン国王がワイヴァーンを騎乗用に利用しており、国王を乗せてワイヴァーンがタイクーン城を背にして飛ぶ姿は、非常に印象的なシーンである。

画像:飛竜に乗って飛び立つタイクーン王
飛竜に乗って飛び立つタイクーン王(©スクウェア)

《参考文献》