ヴイーヴル

[フランス伝承]

名称Vouivre(ヴイーヴル)【フランス語】
※ ヴイーヴルはラテン語のvipera(ウィーペラ)《毒蛇,マムシ》に由来する。
容姿蝙蝠の翼をはやした巨大な蛇。真っ赤な宝石の眼を持つ。後代には上半身が女性、下半身が蛇で、蝙蝠の翼と鷲の後脚をつけた精霊で、額に宝石の眼を持つ。
特徴地下世界、あるいは城跡などに棲み、人間を喰らう。人々に宝石で出来た眼を狙われる。

フランス伝承に登場する翼をはやした大蛇!?

フランス伝承に登場する雌の竜。巨大な蛇の身体に蝙蝠(こうもり)の翼をはやしている。英語圏に入って、ワイヴァーン(Wyvern)に転訛したため、現在ではワイヴァーンと同一視されている。普段は地下世界に暮らしているが、地上に出現し、人間を喰うこともあるという。ヴイーヴルの伝承はフランス中部のニヴェルネー、あるいはヌヴェールに残っている。また、フランシュ・コンテ地方のヴイーヴルは無人の城を根城に財宝を守っていたとされる。

その真っ赤な眼には世界一の権力を得られる魔力がある!?

ヴイーヴルの眼球はルビーやガーネットのような真っ赤な宝石でできていたため、真っ暗な地下世界でも両目から光を発して自由に飛び回ることができたという。

この赤い宝石でできた眼球を手にすると、世界一の権力を得られる不思議な魔力があると信じられていたため、しばしば人間たちに狙われる羽目になる。ヴイーヴルは川や泉で水を飲むときには、その両目を取り外して岸辺に置いておく習慣があるとされ、その隙に眼球を盗まれて、盲目になったり、死んでしまったという伝承が残されている。

後代の伝承では、上半身が豊満な胸を持つ女性、下半身が蛇で、背中に蝙蝠の翼をはやし、鷲(わし)の後脚を持つ怪物として描かれることもあるが、これは同じフランス伝承に登場するメリュジーヌ(Mélusine)という蛇女の姿・形に影響を受けて生まれたものだろう。この姿の場合には、赤い宝石は額に嵌め込まれた第三の眼とされ、人々はこの第三の眼を狙ったという。